妻の誕生日を祝うためフランス領のリゾート地を訪れていた夫婦に、あまりにもショッキングな災難が起きた。ビーチでシュノーケリングをしていた夫が行方不明になり、その数日後にサメの胃から指輪をはめた手が発見され、妻の確認により夫の結婚指輪と判明したのだ。『The Sun』『New York Post』などが伝えている。

インド洋に浮かぶフランス領のレユニオン島は、海と山の自然を満喫できる人気のリゾート地である。この島へ今月初め、スコットランドからリチャードマーティンターナーさん(Richard Martyn Turner、44)が妻ヴェリティーさん(Verity、40)の誕生日を祝うため一緒に訪れ、サン=ジルの5つ星ホテルに宿泊していた。

今月2日、夫婦はビーチで海水浴を楽しんでいたが、シュノーケリングをするためにリチャードさんだけが沖へと入っていった。しかしなかなか海から戻ってこない夫が心配になり、ヴェリティーさんは捜索願を出した。警察が出動しヘリコプターやボート、ダイバーなどを出動させ沖合の捜索にあたったが、数日経ってもリチャードさんが見つかることはなかった。

一方で、今月4日と5日に研究目的のため5頭のサメが捕獲された。5頭は通常の生息地ではないサンゴ礁がある水深の浅い場所で捕獲されたものだった。サメは研究センターに運ばれ、そのうち体長2.7メートルイタチザメの胃の中から人間の手と腕が見つかった。そのサメは、リチャードさんが行方不明になった場所から4マイル(約6.4キロ)ほど離れた地点で捕獲されたという。

その手は男性のもので指には結婚指輪がはめられていたことから、警察を通じてヴェリティーさんに指輪の確認をしてもらうことになった。するとその指輪はリチャードさんのものだということが判明した。しかしながら見つかった遺体の一部をDNA検査するとともに、サメの胃の内容物のさらなる調査を行うことになっている。

警察は「この段階では男性が溺死してから攻撃されたのか、遊泳中に襲われたのかはまだ分かっていません」と述べている。今回捕獲された他の4頭は体長3~4メートルとのことだが、『The Sun』によるとイタチザメは大きなもので6~7.5メートルほどにもなるという。また顎の力が非常に強く、ウミガメの甲羅を噛み砕くことができるそうだ。

ユニオン島はサーフィンやシュノーケリングをする人で賑わうが、サメによる被害が相次ぐため2013年には一部のビーチで遊泳禁止になっている。しかし多くのサーファーが、これを無視しているのが現状だ。今年1月には足を噛まれた漁師が死亡し、5月にはサーファーが襲われて命を落としていた。

画像は『The Sun 2019年11月8日付「HOL HORROR Brit, 44, eaten by shark pictured after wife ID’d wedding ring found in beast off Reunion island」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト