香港で11日朝、警察官が抗議活動の参加者に向けて実弾3発を発砲し、10代の若者2人が負傷した。

 詳しい状況は分かっていないが、香港メディアが報じている映像によると、警察官は至近距離から発砲したとみられる。

 香港では、抗議活動をしていた大学生の男性がビルから転落して死亡したことを受けて市民らが反発を強め、11日午前7時から道路の封鎖などを呼びかけていた。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

映像:香港警察がデモ参加者に発砲

香港警察が実弾発砲 至近距離からか、10代2人けが