(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)にコメンテーターとして出演している作家でタレント室井佑月が、近々、番組を〝クビ〟になるのではないかとウワサされている。

【関連】ネット上に燃料を投下しまくる“至高のコメンテーター”5人を発表! ほか

番組での室井はリベラル派の代表として、たびたび現政権や保守層を批判してきた。しかし、その場の思いつき程度の発言も多く、最近は支持していた主婦層からも呆れられ始めているという。

11月7日、室井は自身のツイッターで、《ま~た、ネトウヨあたしのデマ流してる。あたしが政治は皇室利用せよ、といったとか。きちんとコラムを読めばそういうことじゃないとわかるのに。キショいしキモい》とツイートし、やりあっている右派層をけん制。しかし、2017年11月に自身が連載する『週刊朝日』で「もちろん、天皇陛下は政治的発言をしてはいけないことも知っているし、その発言を政治的に利用してもいけないことは知っている。けれど、国民全員が、真剣にこの国について考えるには、もうそれ以外ないと思う」と発言していたことがネット民によって暴露され、プチ炎上状態となっている。

「『ひるおび』での室井の立ち位置は、〝リベラルな主婦目線〟でした。難しい思想や歴史観よりも、主婦の目線で政治に切り込む姿勢が求められていたのです。そのため、少々の理論破綻も大目に見られてきたのですが、ここに来て、ツイッターネトウヨをあおるなど、対立姿勢を強めていることから、同じリベラル層からも疑問の声が上がっていました。最近は、サブMCを務める国際弁護士八代英輝氏に厳しく指摘されるシーンも増え、番組中にシドロモドロになることも。関係者からは『頃合いを見て降板となる可能性は高い』という声も聞こえてきます」(エンタメ誌記者)

 

室井佑月“ネトウヨ”とバトルし過ぎて『ひるおび!』降板か

炎上案件はスポンサーから敬遠される

一時はコメンテーターとして引っ張りだこだった精神科医の香山リカ氏も、このところ、その顔を見ることが少なくなった。露出減少の理由は、デモ隊に対して中指を立てている動画がネット上に拡散したことが、少なからず影響しているといわれている。

もともと、TBSリベラル色の強い番組を作ることで知られているため、室井のような文化人は使い勝手がよかった。しかし、番組から一歩出ると、SNS上で連日のように右派とバトルを繰り広げているようでは、いつ、火種が爆発するか、スポンサーも気が気でないだろう。『ひるおび』は最近、右派と目されている八代氏の発言力が大きくなっており、番組スタンスを中道よりに戻しているといわれている。

ただ不平不満を言うだけでは、もはや室井の存在意義はないということか。

 

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock