アラサー女子「都合のいい女の恋愛相談がつらい。聞くの疲れた」

キャリコネニュースにはしばしば、働く人々から相談メールが投稿される。大部分は仕事についての悩み事なんだけど、たまには別ジャンルの相談も寄せられる。本日は、名コラムニストの筆者が20代後半の女子からの相談に対して真摯に向き合いたい。(文:松本ミゾレ)

相談内容は「"都合の良い女"になってしまっている友人の恋愛相談を聞くのが辛いです」というもの。友人も「自分が相手にされてないのは分かっている」「気が合うし話したいだけ」と口では言うが、毎回惚気と愚痴がループで発生するという。

「ひたすら共感してみたり、彼のことを否定したり、一層のこと彼に飽きるまでとことん会ってみれば?など、色々アドバイスはしてみました。ですが最近気づきました。恐らく彼女は『そんな男やめなよ!』と私に言って欲しいのだと思います」

解決策を提示しても「ん~」みたいなことを言う人はちょっと……

相談者は「言葉は悪いですが、"叶わない恋をしてる可哀想な私"を演出したいがために私に相談しているのです。彼女にちゃんとした彼氏が出来るまで見届けたい、という気持ちはありますが、正直話を聞くのに疲れました」と吐露し、

「他にいい男性がいれば解決するかも、とも思ったのですが、私自身もアラサーなので周囲の男友達はほぼ既婚or彼女持ちで紹介出来ません。『婚活パーティー行ってみる?』とも誘いましたが不発です。今後どう彼女に接すれば良いでしょうか。彼への気持ちが冷めるまで待つしかないでしょうか」

と、なかなか困っている様子だ。相談者の女性の推測がすべて当たっているかどうかは分からないけど、大筋で「まあ、そうなんだろうなぁ」と思えちゃうのは、彼女の友人みたいなやつが山ほどいるからか。

こういう話は本当に聞かされる側もキツい。なんせオチもないし、そもそも友人の話とはいえ、他人の恋愛事。そんなの10代の多感な時期ぐらいじゃないと、まともに聞く姿勢になれない。はっきり書いちゃうと、「どうでもいい話」の最たるものだと思う。

そんなどうでもいい話題を提供する上に、解決策を提示しても「ん~」みたいなことを言う人はちょっと、個人的には「何だこの子」と感じてしまう……。

相談者もアラサー、いい機会なので人間関係をリフレッシュしてみては?

で、ここからはがっつり自論なんだけど、相談者の女性に対して僕としては「そのお友達、必要?」と問いたい。正直この相談内容を目にして2日ほど悩んだんだけど、これ以外に良い解決方法がない。

この友人って、結局自分が一番可愛いだけで、その自分の恋愛相談という名のノロケを手頃な相手に聞かせて満足したいだけなのだと思う。つまり今回の相談者は、彼女にとって都合のいい存在でしかないんじゃなかろうか。

「そんな男やめなよ!」という言葉を投げかけてもらって、悩むふりだけして、"そんな男"には定期的に抱かれちゃってる。そういう程度の恋愛しかできないことを、どうにかポーズだけでも危惧しているアピールをしたいだけなのではないかと、割と本気で思う。

それに、相談者自身もアラサーなんだから、いつまでもこういう10代みたいなお友達とつるんでても仕方がないように思える。極端な話、人が恋愛を楽しめる期間は非常に短い。こと若さを武器にした恋は有限で、すぐに異性に相手にされなくなり、そこから死ぬまでが長いのが人生だ。

相談者も貴重な時間をしょうもない友人のノロケにかまけている場合ではない。現状彼氏がいるなら、彼氏との時間を最優先すべきだし、彼氏がいないならなおのこと、そんな友人の無駄話に付き合う必要性がない。

アラサーになってまでこんな恋愛相談に時間を割いて応じることほど無益なこともない。そんなことを要求してくる友人なんて、こちらから切っていいと思う。

※キャリコネニュースではお悩みを募集しています。恋愛、仕事、人間関係など幅広く、男女問わず中学生から定年後のシニア世代まで、あなたのお悩みを聞かせてください。