2019年11月10日午後3時から行われた『祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀』。

天皇皇后両陛下のご即位を広く国民に披露するための祝賀パレードです。

沿道につめかけた人数は約11万9000人。その多くの人が早い時間から場所を確保し、待っていました。

その人たちのために、パレードのコース12か所に配置された音楽隊が、『あるプレゼント』をしたのです。

それは…待ち時間の演奏!

2019年11月10日に放送された情報番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系)によると、海上保安庁音楽隊は『海猿のテーマ千葉市とさいたま市の合同チームの消防音楽隊は世界に一つだけの花上を向いて歩こうを披露したといいます。

この背景には、天皇陛下御自身の「せっかく来て待っている人々に楽しんでもらいたい」とのご意向があったとのこと。

Twitterには各音楽隊が…

各音楽隊は、演奏会に向けて練習する様子をTwitterに投稿していました。

また、航空自衛隊海上自衛隊Twitterに演奏している様子などを投稿。

ネット上には、実際に音楽隊の演奏を聴いた人たちの声が上がっていました。

素晴らしい演奏でした!ありがとうございました

・待ち時間も演奏してくれていてずっと楽しかったです。

・待っている私たちのことも考えてくださっていたなんて…。

パレードをより華やかにした音楽隊の演奏。沿道で長時間待つ人たちにとっても、記憶に残る演奏になったことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Mr.サンデー@chiba_shobo@JMSDF_PAO@JCGF_umimaru@JASDF_PAO
※写真はイメージ