―[魂が燃えるメモ/佐々木]―


いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第133

 自己啓発には「願いを強く持てば叶う」という精神論がある。自分の望みを何度も唱えるアファメーションや、自分が欲しい物の写真でコラージュを作るビジョンボードはその典型だ。

 しかし、そうした願望実現は自己啓発の中でも、因果関係の証明が難しくオカルト色が強い。個人的な経験からそうしたものも無意味だとは思わないが、あえて誰かにアドバイスしようとは思わない。それよりも確かなやり方があるからだ。

 そのやり方とは、自分の願いを叶う内容に改める「願望修正」だ。たとえば人生相談をしていると、「普通に生きられるようになればいい」という人がいる。そして、この普通に対するイメージヒアリングしていくと、「経済的に安定して、人間関係で波風が立たない」というニュアンスだということがわかる。

 経済的安定が難しい場合ももちろんあるが、人間関係で波風が立たないのはそれ以上に難しい。人間は親と子、教師と生徒、お店とお客といった関係において互いに異なる要求を持っており、対立するのが基本だからだ。

 人間関係で波風を立たないようにするには、対立する以前に自分と相手の要求を把握して、問題が大きくなる前にその芽を摘むしかない。そんなことができるのはよほど器の大きい聖人君子だけだ。

 ここまで説明すると、「普通」と言いながら、実はそのニュアンスが肥大化していたことに気づいてもらえる。そして、自分が望んでいる「普通」がどんなものなのかを考えるようになる。自分の願望を、自分の本意に合わせたものに改められるようになるのだ。

 これは他の願望でも同じことが言える。若い頃は「ビルゲイツのような大金持ちになりたい」といった願望を抱くことがある。フォーブスのリアルタイムビリオネアランキングによると、ビルゲイツの現在の資産は11.2兆円だ。「ビルゲイツのような大金持ちになりたい」と考えている人でも、「どうして11.2兆円が必要なのか」と問われたら、大抵は「そこまでは必要ない」と答えるだろう。そうした願望には修正が必要だ。

 願望の内容はなんでもかまわない。「普通」でも「お金持ち」でも「成功」でもいい。しかし、その「普通」や「お金持ち」や「成功」という言葉に結びつけているイメージを自分が本当に望んでいるのか。そのために「努力」や「時間」といった対価を払うつもりがあるのかを確認する必要がある。それが自分のことを知るためにある「自己啓発」の本質だ。

「叶えばいいな」では願望は叶わない。叶えるという本気が必要だ。「変わればいいな」では人生は変わらない。変えるという本気が必要だ。そして、本気とは継続的な行動のことだ。継続的な行動が現実になるまで、願望修正を繰り返してみてほしい。そうすれば、「いくら願っても叶わない」という苦しみから抜け出すことができるだろう。

 願望修正は「実はビルゲイツのような大金持ちになりたいわけではなかった」といったスケール感を小さくするものとは限らない。野望とも呼べるようなスケールの大きい願望でも、自分がそのために行動できていれば問題ない。無理のある願望なら、いずれ修正すべき時期が来るだろう。まずは行動できるような願望を持とう。

 願望の先には他人がいる。「商品やサービスが売れてほしい」という願望は、その商品やサービスを買いたいという人がいるからこそ実現する。それがただ願うだけで勝手に売れるようになると考えるのは浅はかだ。商品やサービスが売れて欲しいなら、その商品やサービスを改良する必要がある。その方が自分のためにも相手のためにもなる。精神論が過度になると、こうした努力を怠る怠惰に繋がりかねない。

 また、「こんなのは自分の望みじゃない」と感じるまで変えてしまったら元も子もない。願望修正に決まった正解はなく、自分だけのさじ加減が存在する。その微調整を繰り返すことに楽しみを感じられるのなら、あなたは自己啓発に向いているだろう。ぜひチャレンジしてみてほしい。

佐々木
コーチャー。自己啓発ビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ星を辿る」。著書『人生を変えるマインドレコーディング』扶桑社)が発売中

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―