宇宙航空研究開発機構JAXA)は11月12日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウ」を13日に出発すると発表した。20年末に地球に帰還する見通し。

【「はやぶさ2」プロジェクトのスケジュール】

 はやぶさ2プロジェクトマネジャーを務める津田雄一さん(JAXA宇宙科学研究所)は(1)リュウグウ近傍で観測した科学データに不足がないこと、(2)出発準備が整っていること──の2点を確認したため、リュウグウを離脱すると説明。

 13日から5日間は「われわれも名残惜しいので『お別れ観測』と称し、リュウグウを観測しながら遠ざかる」(津田さん)という。その後は姿勢を変更するため、リュウグウは見えなくなる。19日~12月2日にはイオンエンジンの試運転を行い、12月3日以降に巡航運転に入る予定だ。

 はやぶさ2は18年6月に、リュウグウの上空20キロ地点に到着。約1年5カ月にわたる滞在中に2度、タッチダウン(着陸)し、岩石などの採取に成功したとみられている。

はやぶさ2のプロジェクトマネジャーを務める津田雄一さん(左から2番目)=JAXAのライブ配信より