急に髪質が悪くなった時の原因って?
急に髪質が悪くなった時の原因って?

「最近髪の毛が縮れてきた…。」

「今まで直毛だったのに、最近天然パーマになったみたい?」

「若い頃より、髪の毛のツヤ感が無くなりパサパサしてきた。」

と、皆さんは髪質が急に悪くなった、もしくは急に変わったと思ったことはありませんか?

今回は、急に髪質が悪くなった、急に髪質が変わったとお悩みの方には必見。

髪質が急に変わってしまう原因と、その対処法について解説していきます。

髪質が突然変わることなんてあるの?

髪質が急に変わる事って、そんなに珍しい事ではないのです。

むしろ生涯、髪質が変化しない事の方が珍しいと言えます。

髪質の変化は、髪の毛の水分量の変化や、生えてくる髪の毛自体が変化したりします。

髪質が急に悪くなった時の原因・対処法とは

髪質が悪くなる原因の一つに、加齢が挙げられます。

人間は、年齢を重ねるごとに髪質は変わっていきます。

例えば、10代、20代の若い頃の髪の毛は、水分量が多くハリとツヤのある髪の毛が生えてきます。

しかし、年齢と共に頭皮も年をとっていきます。

頭皮の加齢によって、頭皮の毛穴が重力に負けてゆがんでしまうのです。

毛穴がゆがんでしまうと、生えてくる髪の毛もゆがんでしまい、縮れた髪の毛が生えてしまうのです。

頭皮の加齢は止めることは出来ませんが、日ごろから頭皮の保湿や、頭皮マッサージをする事で頭皮の加齢を遅らせることが出来ます。

また、思春期などの若い頃も、髪質が変わる事があります。

原因はホルモンバランスの乱れです。

10代半ばから男女ともに、体と共に髪の毛も大きく変化をします。

そのため、中学生ぐらいの年齢で、突如髪質が変化する事があるのです。

それ以外にも、髪の毛ダメージによって髪質が変化してしまう事があります。

ヘアカラーやパーマをすると、髪の毛内部の水分量や、髪の毛の弾力などが変化してしまう事があるのです。

ヘアカラーやパーマをした後は、トリートメントなどのヘアケアをしっかりする事で、髪質の変化を軽減する事が出来ます。

また、ドライヤーやヘアアイロンのやりすぎも髪の毛を痛め、髪質が変化をしてしまいます。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱によって、髪の毛たんぱく質が変化したり、キューティクルが剥がれてしまう事があるのです。

ドライヤーもヘアアイロンも長時間の使用は、髪の毛が痛む原因となりますので、使用時間に気を付けて使用しましょう。

まとめ

髪質が急に悪くなった、と思ったらそれは気のせいではなく、何らかの原因があると言えます。

髪質が変化は、大概髪の毛にとって良い事でない事が分かりますよね。

今まで何気なくやってた事が、髪質を悪くしていた原因かもしれません。

髪質の変化を少しでも感じたらまずは原因を考え、その後しっかりと対策しましょう。

正しいシャンプー5つのSTEPで頭皮をキレイに!