中古のファミコンソフトを買ったら、元の持ち主の名前がマジックで書かれていた――。そんな由来のカセットを展示する「名前入りカセット2019」が、秋葉原フライハイカフェ11月16日から12月8日まで開催されます(入場無料)。もしかしたら、昔手放した品が並んでいるかもしれない。

【その他の画像】

 名前の書かれたゲームカセットを収集・管理し、持ち主への返却を目指す非営利団体「名前入りカセット博物館」と、ゲームメーカーフライハイワークスが運営するフライハイカフェコラボレーション企画。もしも展示されたカセットに、来場者のかつての所有物があった場合は、その場で返却されます。

 開催期間中、フライハイカフェは平常通り営業しており、同社のゲーム40タイトル以上を自由にプレイできます。また、11月15日19時から21時までは、「オープニング前夜祭」のWeb生放送を実施。名前入りカセット博物館の関純治さん、フライハイワークス代表の黄政凱さん、週刊ファミ通元編集長のバカタール加藤さんがゲストとして登場します。

壮観な陳列。これ全部、素朴な手書きの名前が入っていると思うと…