ice1


 およそ30年ほど前のことである。ふたりのドイツ人ハイカーが、アルプスのエッツ渓谷をハイキング中に怖ろしい光景に遭遇した。

 信じられないことに、人間の凍った遺体を見つけたのだ。

 のちに、この遺体は非常に状態のいい約5300年前の男性のミイラだったことが判明。アイスマン( エッツィ)と呼ばれ、数多くの研究がなされている。

 偶然の発見ではあったが、先史時代に生きた人がどのような生活をしていたのか非常に貴重な事実を現代の私たちに提供してくれることになった。

 特に研究者たちの興味をひいているのが、エッツィの「最後の日々」についてである。

―あわせて読みたい―

世界最古の冷凍ミイラ“アイスマン”の親族が現世に生きていた!(オーストリア研究)
生殖能力がなかった?世界最古の冷凍ミイラ、アイスマン(エッツィ)に関する10の事実
苦痛にあえぐ姿のままミイラに。古代エジプトの「叫ぶミイラ」の謎を解明か?(※ミイラ出演中)
岩塩坑で発見された古代イランの塩漬けミイラ「ソルトマン」(※ミイラ出演中)
約5300年前のミイラ、アイスマン(エッツィ)の胃袋の中を探った結果、昔から人類はこってり系が好きだったことが判明
古代エジプトの猫のミイラの中身をCTスキャン、3匹の猫の体の部位が入っていたことが判明(フランス研究)

ミイラ化した遺体とともに発見された75種類のコケ類を研究

 この数十年間、エッツィを数多くの研究者たちが分析し、わかったことをまとめて彼の最後の日々を推測してきた。

 頭部の外傷、親指と人差し指の間の裂傷、左肩に矢じりの跡があることから、エッツィは暴力的な死を迎えたことがわかっている。

 矢の傷が致命傷になり、彼は矢を受けてから数日で失血死したと思われる。

 エッツィが発見されてからずっと彼を研究しているグラスゴー大学の考古学者ジャック・ディクソン氏は、エッツィの遺体とともに発見された75種類ものコケ類を分析する新たな研究を行った。

 エッツィとともに氷に閉ざされていたコケ類の多くは、遺体のあった標高3210メートルの高所でも成長するものであることが知られている。

ice11

エッツィが発見された場所にたつ記念碑

絶命した場所までエッツィはどんなルートを辿ったのか?


 そこで研究者の間では長いこと議論になっていたのが、エッツィが登っていたのは山の北と南、どちら側だったのかということだ。

 ディクソン氏は、集めた証拠はエッツィがシュナスタールの谷近くから登り始めたことを示していると主張する。

 例えばエッツィの消化器官から微小なヒラゴケ科のコケも見つかったが、このコケはエッツィの遺体が発見されたような高所では成長できない。

 このコケの分布と、遺体の近くで見つかったほかの低地に生息するコケを調べて、ディクソンはこれらのコケが見つかる可能性がもっとも高い場所は南側、シュナスタールの谷だと断定した。

 ここは、エッツィが絶命した場所に続く登り口だ。

 つまりエッツィは最後の日々、標高600メートルから3210メートルまでかなり歩き回って登ったに違いない。

ice2

南チロル考古学博物館に展示されている復元されたエッツィの姿

シュナルスタール南側の標高の低いところから高地を目指したか


 エッツィの消化器官から発見されたコケは、まるで栄養価のないものだった。

 おそらく、エッツィはコケを食べ物として口にしたのではなく、襲撃を受けた後で傷を治す薬として摂取したと考えられる。

 あるいはこのヒラゴケは、エッツィの胃から見つかったアカシカの肉を包んだものだった可能性もあるかもしれない。

 研究者たちは、科学雑誌「プロス・ワン」に次のような論文を掲載している。

ヒラゴケや生態学的に似ているミズゴケのようなほかのコケの存在は、アイスマンが最後の旅で、南チロルのシュナスタールを北へと登るルートをとったことを裏づけている。

彼の大腸から見つかったミズゴケが、彼が絶命する前の最後の数時間、シュナスタールの南側の標高の低い場所にいたことを示している。

彼はそれから初めて登り始め、ついに3000メートル以上の高地で力尽きた。


ice3
エッツィが着用したとされる衣服の復元

道具や武器を修繕し新たなツールも作ろうとしていたことが判明


 また、この研究からエッツィについてさらに詳しいことが追加された。

 これまでに彼はブラウンの瞳をしていてとても歯が悪く乳糖不耐症で、冠状動脈性心臓疾患の危険が大きい遺伝的素因があり、おそらくライム病(ダニが媒介する感染症)だったことがわかっている。

 去年、研究者たちはエッツィのベルトのポーチに入っていた6つの道具について分析した。

 これらは、ほとんどが極小の石英結晶から成る硬い堆積岩であるチャートからできていた。

 チャートは先史時代で道具を作るときによく使われた材料だ。

 道具のいくつかは植物や柔らかい枝などを切るためのもので、丁寧に繰り返し研ぎ直された痕跡がある。

 そのすり減り具合から、エッツィがたびたび自分の道具や武器をシカの角で修繕していたことがわかった。

 ほかにも刃のついた原始ツールがあったが、これはまだ完成していなかった。おそらく、エッツィはこの道具を作っている途中で亡くなったのだろう。

ice4

象徴的な意味があるのかもしれないエッツィの短剣
image credit:South Tyrol Museum of Archaeology.

広範囲に渡っていた銅器時代の巨大な貿易ネットワーク


 考古学的な証拠から、アルプス地方は銅器時代から巨大な貿易ネットワークに組み込まれていたことがわかる。

 例えば、エッツィの持っていた斧の銅は、何百キロも南が産地のものだ。

 刃のついた道具を作るために使われたチャートは、アルプス南部の70キロも離れた3つの異なる地域から採掘されている。

 こうした発見は、この地域が巨大な貿易ネットワークの一部であったことを示している。

 ひどく使い古した道具は、エッツィがこうしたネットワークから切り離されてしまった可能性を示しているのかもしれない。

 エッツィを殺害した人物は誰だったのか、殺されるほどのいさかいの原因はなんだったのか?

 現代のわたしたちが知ることはできないだろうが、エッツィとその最後の苦難の日々についてここまで詳しく知ることができるようになったのはすばらしいことである。

References:Plos one / Zme scienceなど / written by konohazuku / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284459.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

「死ぬなんてありえない」脳にはリアルな死の実感から逃避するメカニズムがある(イスラエル研究)
新感覚ASMR あのプチプチする梱包材を強力シュレッターに投入してみた
旅しながら貧しい人々に無償で歯の治療をし続ける歯科医師(ブラジル)
上司がひざまずき、営業成績の優れた部下の足を洗う。中国企業の式典で行われた驚くべきパフォーマンス
おばあさんと仲良く手をつないで、毎週ゴミ箱を運ぶゴミ収集員。それにはこんな事情があった(アメリカ)

―知るの紹介記事―

「死ぬなんてありえない」脳にはリアルな死の実感から逃避するメカニズムがある(イスラエル研究)
今日は満月、ビーバームーン!気分をリセットしたいなら夜10時半頃に夜空を見上げよう(2019年11月12日)
2羽のつもりが1000羽だった!ネットオークションでニワトリ1000羽をうっかり落札してしまった男性、その結末は?
あらゆるがん細胞を殺してくれると期待のウイルスが開発される。来年にも人体での治験を開始(オーストラリア)
悪用されたらヤバイ!専門家が危険視する文章生成AI(人工知能)の完全版がリリースされる
約5300年前のミイラ、エッツィ(アイスマン)は最後の日々をどう過ごしたのか?コケ類の分析で新事実が判明