●懐かしさを感じる「Face to Face
声優、そしてアーティストとして活躍する石原夏織4thシングルFace to Face」は、2019年11月13日リリースされる。

2020年には1stライブツアーを控える石原だが、4thシングルには、ライブで盛り上がること間違い無しの3曲が収録される。

そこで今回、リリース直前に石原本人が語ったメッセージを紹介しよう。
○●石原夏織が語る4thシングルFace to Face

――4thシングルFace to Face」が11月13日リリースされます

実は、2曲目に入っている「Taste of Marmalade」が、表題曲になる予定だったのですが、2ndシングルぐらいからカッコいい系の曲が続いているので、そろそろ違ったシーンも見せたいということで、あらためて選び直したのが「Face to Face」なんです。「Taste of Marmalade」ももちろん良い曲なのですが、来年のライブツアーに向けて、もっと幅を持たせられるような、ガツンとくる曲がほしくなって、本当にギリギリの段階でひっくり返しちゃったので、スケジュール的にはすごく大変でした(笑)

――今回の4thシングルライブツアーに向けての一枚という感じでしょうか?

ライブツアーはやはり大きいです。前回の「TEMPEST」は、初のアニメタイアップで、作品に寄り添った曲だったのですが、今回はタイアップもなく、ある意味、自由な3曲を歌うことができる。なので、アルバムとまではいきませんが、できるだけその3曲を振り切ったものにしたかった。3曲、自由に歌えるからこそ、今までにやったことのないものに挑戦したかったんです。そして、今まで、カッコよくてテンションが上がるような曲はありましたが、みんなと一緒に盛り上がれる曲が少なかったので、あらためて「Face to Face」を表題曲として収録することになりました。

――最初に「Face to Face」を聴いたときの感想は?

初めて曲を聴いたとき、ちょっと懐かしさを感じました。そして、心にすっと染み込んでくる感じ。初めて出会った曲なのに、何か馴染みのあるような……そして、何か切なくなるような。そのあたりの感覚は、聴いてくださった方も感じていただけるのではないかと思います。

――サビ周りの歌唱が大変そうな楽曲ですよね

そうなんですよ!サビがずっと高くて、下がらないので、かなり大変でした(笑)。でも、歌詞の内容にとても親近感があるので、すごく歌っていて楽しい曲でもあります。「Face to Face」は、私にとっての王道の曲だと思っています。石原夏織としては王道ではないのですが、今までの自分を振り返ってみると王道なのではないかと。デビュー以降の新しいファンの方にとっては新鮮に聴こえるかもしれませんが、昔からずっと応援してくださっている方には、どこか昔の私が見えるような曲だと思います。そういう意味では、新しい引き出しを開けたのではなく、昔から持っていた引き出しを久しぶりに開けてみた……という感じかもしれません。

――親近感があるという歌詞ですが、その中でも特に好きなところはありますか?

サビの部分に“会いたい”という気持ちが全力で込められているのもすごく良いんですけど、やはり2番の「たまにこぼしそうな涙」から「そう…知ってるけど♪」のところが好きです。あまり近すぎない距離感でありながら、相手の深いところまでちゃんと見て、気づいてあげられる。直接的に声をかけて助けてあげるわけではないけれど、そっと見守っている感じがいいですよね。実際、自分がされたら嬉しいと思うポイントでもあります。

――少し切なさも感じるところですよね

切ないのが、何だかんだで好きなんですよ、私(笑)。だから、「さみしさにもなにか別の意味があるときっと心は気づいている」のところもすごく好きです。後から振り返ったときに、違う視点で見つめ直す瞬間が絶対にあるんじゃないかと思います。ここは“さみしさ”ですが、それ以外のことでも、絶対に、そして誰の中にでも、その瞬間があると思うので、その意味では、すごくリアルで良い歌詞だと思っています。

●台湾での撮影、ジャジーな「Taste of Marmalade」
――そんな「Face to Face」ですが、ミュージックビデオは台湾で撮影したんですよね

個人的に、リップシンクダンスシーンがまったくない、イメージシーンのみで構成されたMVを一度作ってみたいという野望があったのですが、恥ずかしいので、ずっと口にはしなかったんです。実際にそれで成立するのかわからないし、ダメだったときの責任も取れないじゃないですか。ただ今回、表題曲が急遽変わったこともあり、いいきっかけだと思って話してみたら、それがまさかの採用で(笑)。それで、せっかく撮るのであれば、かわいい絵面で、色彩豊かなところにしたかったのですが、なかなか日本では見つからず、最終的に見つかったのが台湾だったんです。

――今回もMVには、ダンスシーンもリップシーンもないのですか?

そうなんです。台湾で、少しリップも撮っておこうかって話しになったのですが、頑なに“いりません!”って(笑)。なので、ダンス映像も、実は日本に帰ってきてから撮影したものです。台湾で撮影したときは、まだ振りができていなかったというのもありますが、ダンスは今までからずっとやってきているし、それを観たいという方もいらっしゃるので、あらためて、ダンスだけの映像も撮影しました。

――台湾での撮影はいかがでしたか?

台湾に行く前は、あまり天気が良くないと聞いていたのですが、到着した瞬間からすごい日差しで、季節外れの日焼けをしてしまいました。撮影は主に台中だったのですが、すごく街がかわいくて、台北よりもちょっとアートな感じで、まるでおとぎ話の世界にでも入ったような感じがしました。特に演じるわけでもなかったので、自分がただただ旅行を楽しんでいる感じを収めてもらえたと思います。その意味では、メイキング映像とあまり変わらないかもしれませんが(笑)
○●石原夏織 4th SingleFace to Face」MV short ver.

――表題曲の予定だったという「Taste of Marmalade」ですが、初めて聴いたときの印象はいかがでしたか?

今までにやったことのないジャンルとして、ジャズに挑戦したいと言ったら、本当にカッコいいジャズがたくさん集まってきたのですが、その中でも、「Taste of Marmalade」は、ただカッコいいだけじゃないものを感じました。年齢相応で、あまり気取りすぎない感じ。背伸びするにしてもちょっと伸びているぐらいの、ちょうど良いニュアンスがすごくしっくり来て。一度聴いたら抜けられない感じのメロディラインも大好きです。

――実際に歌ってみた感想はいかがでしたか?

これまで、ちゃんとしたジャズを歌ったことがなかったので、最初はちょっと難しいと思ったのが正直なところです。でも、歌詞の世界に入り込んで、等身大の「Face to Face」よりもちょっと上のキャラクターを演じるように歌ってみると、すごく歌いやすくて、逆にビックリしました。最初は本当に自信がなかったのですが、レコーディングで歌ったら、褒めてもらえたので気分がすごく良くなって(笑)。特にBメロからサビに駆け上がるところは、すごく気分も乗せやすかったですし、聴いてくださる方にもその楽しさが伝わるのではないかと思っています。

――表題から外した段階で、次回以降のシングルあらためて……という選択肢もあったかと思いますが?

もちろん、次回まで取っておきたいという気持ちもあったのですが、あらためて今回の3曲を連続で聴いてみると、石原夏織という人間が、すごくわかる1枚になったのではないかと思います。3曲あるからこそ、挑戦できた部分もありますし、ほかの2曲があるからこそ、「Taste of Marmalade」を振り切って歌うことができたのではないかと思います。表題曲として歌っていたら、ここまで振り切れたかどうか……この3曲ならではの「Taste of Marmalade」だと思いますし、この3曲で本当に良かったと思っています。

●「ポペラ・ホリカ」、そしてツアーに向けて
――さて、3曲目の「ポペラ・ホリカ」ですが、このタイトルはどういう意味なのですか?

「ポペラ・ホリカ」の意味は、本当に楽曲を聴いてもらってのお楽しみです(笑)。CDを買って、歌詞カードを見ながら聴いていただくと、自ずと答え合わせができるようになっています。実際、私自身も最初にタイトルを聞いたときは、“なんのこっちゃ?”って思いました(笑)

――「ポペラ・ホリカ」は今回のシングルにおいては、どのような位置づけになっていますか?

ガチャガチャとみんなで弾けられる曲が少なくて、それこそ、アルバムに入っている「CREATION×CREATION」くらいなので、ポップな曲がほしかったというのもありますが、もともと電子音を使った弾けた感じの曲を歌いたいという憧れがあって(笑)。その気持ちをカタチにしてもらったのが「ポペラ・ホリカ」になります。

――この曲もかなり歌うのが大変そうなイメージですが……

かなりカロリーが必要な曲で、レコーディングも苦戦しました。自分でも笑ってしまうくらい息が吸えなくて(笑)。実際、まだ通しで歌ったことがなく、これをライブで歌うことになるかと思うと……今からちょっと悩ましいです。さらに、振りも加わりますから。でも、ファンの方がすごく喜んでくれる姿がイメージできる曲なので、楽しみでもあります。

――そんな3曲を引っさげてのライブツアーが来年1月からスタートします

まだまだ先だと思いつつも、たぶんあっという間なんですよね(笑)。昨年末の1stライブは、ライブ当日の一日に向けての体力づくりや、気持ちの持ち上げ方をしていたのですが、それとは違った調整が必要になってくると思います。自分自身、ツアーは本当に久々なので、どうやって三会場分の期間過ごせば良いのか、あらためて思い出しているところです。季節が冬なので、風邪だけはひかないようにしないといけないと思っています。

――体調管理は重要ですね

体調だけは本当に気をつけたいです。デビューしてからもいろいろなステージに立たせてもらって、やはり自分はライブが好きなんだということをあらためて感じています。だから、ツアーの期間は、ナイーブになることもなく、ずっと楽しんでいる自分が想像できますし、楽しすぎて、本当に一瞬で終わってしまうんじゃないかと思っています。

――ライブ自体の経験はかなり多いですもんね

ライブ経験は少なくないのですが、たった一人でのステージということを考えると、MCが一番のドキドキ要素です(笑)。歌って踊るのは大好きだから全然問題ないのですが、MCだけは……。ドキドキ要素ですし、不安要素の第一位になっています。ただ、1stライブを経て、自分でもだいぶ強くなったと思っています。基本的に自信がなくて、不安の中にいることが多いのですが、一人で一つのライブを終えられたことは大きな自信になっていて、今年もたくさんのステージに立たせていただきましたが、以前よりも緊張して、息が上がるようなことはなくなりました。その意味では、今年一年で、やっと地に足がついてきたのではないかと思っています。

――それでは最後にシングルの発売を楽しみにしているファンの方へのメッセージをお願いします

4thシングルFace to Face」は、大好きな人に会いに行くということをテーマにして作らせていただいた楽曲で、楽曲はもちろん、ジャケットもMVも、本当に良いものができたと思っています。今まで応援してくださっている方も、初めて知ってくださる方も、私のことをあらためて知っていただける自信の一枚になっておりますので、ぜひ手にとって、何度も聴いていただいて、そして1月からはじまるライブツアーに遊びに来ていただけたら、本当に嬉しいです。ツアーは本当に久々なので、私自身もすごく楽しみにしています。ぜひぜひ皆さんと一緒に、一つの楽しい一時を過ごせたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

――ありがとうございました

石原夏織4thシングルFace to Face」は、2019年11月13日リリース!「Face to Face」のミュージックビデオを収録したDVD同梱の初回限定盤は1,750円(税別)、CDのみの通常盤は1,250円(税別)。

そして、注目の1st LIVE TOURFace to FACE」は、2020年1月13日(月・祝)の大阪・NHK大阪ホールを皮切りに、1月18日(土)に、愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール、そして2月24日(月・祝)に東京・中野サンプラザにて開催!

そのほか、4thシングル発売記念イベント「CARRY MEETING-Face to Face-」の開催も決まっているので、こちらもチェックしておきたい。各詳細は石原夏織公式サイトにて。
(竹間葵)

画像提供:マイナビニュース