カネヨウ株式会社が、「QUOカード」の株主優待および配当を廃止することを、2019年11月12日16時に発表した。

 カネヨウ株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて『QUOカード』を贈呈」というものだった。

 しかし、今回の発表によると、2019年3月末の実施分を最後に、株主優待は廃止されることになった。カネヨウは、同時に配当の廃止も発表している。

 カネヨウ株主優待と配当を廃止するのは、親会社・兼松によるTOB(公開買い付け)が行われるため。カネヨウはこの公開買い付けに賛同を表明しており、成立すれば、カネヨウ兼松子会社となって、上場廃止になる見通し。

カネヨウの株主優待の詳細と利回り

◆カネヨウの株主優待の詳細
基準日 保有株式数 株主優待内容
3月末 100以上 QUOカード1000円
1000以上 QUOカード2000円

 カネヨウ2019年11月12日時点の終値は716円なので、株主優待が実施されていれば、利回りは以下のようになっていた。

100株保有の場合)
 投資金額:100株×716円=7万1600円
 優待品:QUOカード1000円
 株主優待利回り=1000円÷7万1600円×1001.40%

1000株保有の場合)
 投資金額:1000株×716円=71万6000円
 優待品:QUOカード2000円
 株主優待利回り=2000円÷71万6000円×1000.28%

 カネヨウ株主優待は「QUOカード」で、配当も1株あたり「25円」で、配当+株主優待利回りは4.8%を超える高利回り銘柄だったので、廃止されることを残念に感じる個人投資家は多いだろう。ただし、TOB(公開買い付け)価格は900円で、本日の終値716円と比べると25%以上も高くなっており、今後は900円前後まで株価が上昇するのは確実。実際、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では、一時、終値の716円より150円も高い866円(+20.95%)をつけており、明日以降の株式市場でも上昇するのは間違いなく、TOBによって利益を手にする個人投資家も多そうだ。
【※関連記事はこちら!】

夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介!株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

 カネヨウは、寝装具などを手掛ける企業で、本社を大阪市に置く。2020年3月期の業績予想は、すべて前期比で売上高3.1%増、営業利益81.2%増、経常利益68.4%増、当期純利益6.2%増。


【※2019年11月株主優待の情報はこちら!】
⇒【11月株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】高利回りで人気のヴィレッジヴァンガードや、「QUOカード」がもらえるタマホームなどお得な優待が充実!

カネヨウ
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 3209 東証2部 3月末
株価(終値) 必要株数 最低投資金額 配当利回り
716円 100 7万1600円
※株価などのデータ2019年11月12日時点。最新のデータは上のボタンクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。
カネヨウは寝装具などを手掛ける企業。