メイド・イン・イタリーの最高品質を誇るマテリアルAlcantaraを提供するアルカンターラ社は、東京モーターショーで発表された注目のレクサス コンセプトカーに素材を提供しております。次世代電動化ビジョンLF-30 Electrifiedレクサスが創業当初から根幹としてきた「人間中心」の思想を、より高次元に具現化するため、運転に集中しながら各種機能の制御が可能なコックピット内の空間を実現しています。

先進的、革新的なインテリアには、レクサスからの特注により生産されたマテリアルAlcantaraが使われています。真っ白Alcantaraは運転席だけでなく、ハンドルや天井部にも採用されています。Alcantaraの採用は、環境負荷の軽減を目指し、次世代ラグジュアリーの方向性を示すために、選択されました。その他にも、LF-30 Electrifiedには、リサイクル金属を繊維に加工し、ドアトリムに採用しています。
後部シートの中央に置かれている、上記写真の「コントロールキー」によって、室温やオーディオなどの室内環境だけでなく、ドライブルートの設定や、現地でのアクティビティ検索が可能。後部のシートアルカンターラ社に特注したメタリックプリント素材が使われており、人口筋技術の応用によって座る人の体形にあわせてフィットする他、リクライニング、リラクゼーションなど多様な機能を備えています。

自動運転や電動化を兼ね備えているだけでなく、変化し続けるモビリティ社会をリードし、クルマがもたらす楽しさや喜びを提供し続けることを目指して進化するレクサスに採用されているAlcantaraは、環境負荷の削減を目標の一つにしているレクサスの進化に一役買っています。

アルカンターラ社について - www.alcantara.com
1972年に設立されたアルカンターラ社は、メイド イン イタリアの品質を誇る最高級素材を提供しております。アルカンターラ(R) (Alcantara) (R) はアルカンターラ社(Alcantara S.p.A.)の登録商標であり、独自の技術により生み出された他に類のない優れた感覚、美しさ、機能性を兼ね備えた画期的素材です。驚くべき多様性を備え、ファッションアクセサリー自動車インテリアデザインおよび室内装飾、家電など、さまざまな分野の一流ブランドに選ばれています。こうした特性とサスティナビリティ(持続可能性)への真摯な取り組みをする企業姿勢や認証取得の実績など、アルカンターラは現代的なラグジュアリー ライフスタイル ― 環境を尊重しながら、毎日使うものの良さを追求したい人のためのライフスタイル ― の象徴となっております。
アルカンターラ社は企業活動全般における二酸化炭素排出量について、全量の測定・削減・相殺に成功し、2009年カーボンニュートラル」の認証取得を致しました。サスティナビリティ分野における企業の道のりの記録にアルカンターラ社は、BDOインターナショナルの認証した『サスティナビリティ・レポート』を毎年公表しており、同社のウェブサイトにて参照いただけます。2011年には、このレポートはアルカンターラ社の製品の生産から廃棄を含む「ゆりかごから墓場まで」のライフサイクル全体の分析を含むように拡張されました。アルカンターラ社は本社をミラノに置き、生産拠点と研究開発施設はウンブリア州の中心であるネラ・モントロにあります。

*プレス画像はこちらサイトよりダウンロードいただけます。
https://we.tl/t-WYlpBFjvym

配信元企業:アルカンターラ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ