天へ前足を掲げて大気を操るような猫さまと、それを見守る師匠お猫さまが、なんとも味わい深いポーズと表情です。さらに、まさかの立体化でより愛くるしく!

【画像】立体化された姿

 撮影したのは、2本足で立つ猫ちゃん「立ち猫」の写真で知られる猫写真家の山本正義さん。両前足を空に向かって掲げる猫さまと、その後ろで対照的にジッと座って見守る猫さまが、まるで「ドラゴンボール」の必殺技元気玉”を放つ猫さまと、それを見守るカリン様のようです。ただ者ではないな……!

 そしてそんな2匹を、さまざまな動物画像を立体化している、めーちっさいさんが粘土で制作。体を反るような猫さまのポージングと、写真では見えないお顔まで、かわいくもユーモラスに表現していて、もふもふ感含めて猫ちゃんの魅力が凝縮された作品となっています。

 フィギュア化された2匹はその後、見事“大気操作”を習得したようで、わずかですが一緒に宙に浮く姿が目撃されています。リアルかつ、キャラクターっぽい動きと表情に、思わず癒されて笑顔になる!

 山本さんのTwitterInstagram(@tachineko.ym)では、他にも大気を操る(または元気を集める)猫さまたちの写真が公開されており、その力強くかっこいい姿に元気をもらえます。なお、12月6日~8日にギャラリー1616(大阪市浪速区)で開催される写真展「猫色色 2019」には山本さんも参加しているので、気になった方はチェックしてみるといいでしょう。

 また、めーちっさいさんの作品はTwitterモーメントで公開中です。

何かの“気”を集めている感がすごい(画像提供:@nekoiroiroさん)