今年4月、東京・池袋で高齢者が運転する車が暴走し親子2人が死亡した事故で、警視庁11月12日、当時、車を運転していた旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(88=当時87)を書類送検しました。飯塚元院長が書類送検されたことを受けて、妻と娘を亡くした男性が記者会見し「2人や社会のためにも、軽い罪で終わらないようにできることをやり、少しでも交通事故が減るように活動していく」などと語りました。

動画でご覧ください。

池袋親子死亡事故 遺族「軽い罪で終わらせない」