『ドラえもん』(小学館) 著者:藤子・F・不二雄


ドラえもんの魅力

お風呂に入っていると、急に息子が言った。「おぼれ大会っていうのがあったら、のび太も一番になれるのにね……」。ドラえもん主人公のび太のことを、息子は何かと気にかけていて、よくこういう発言をする。

「オンチ大会なら、ジャイアンが優勝だね」と私も提案してみるが、これはすぐに却下。

「だめだよー、ジャイアンは自分がオンチって知らないんだから。レコーダーに録音して、じーんってしてるんだよ。おかあさん、オンチなんて言ったら、ぼこぼこにされて首しめられるよ!」

物語に没頭し、登場人物に感情移入するという初めての経験を、ドラえもんは持ってきてくれた。『ドラえもん』を読んでいるあいだは、その世界の住人になりきっている。読み終わったあとでも、作中に出てくる鏡の世界に入ろうとして、洗面所の鏡に頭をぶつけたりしている。

そして、泳げないのび太のことを思って、「おぼれ大会」なんていうのを考えてしまうほど、息子はのび太贔屓(びいき)だ。

主人公が、なんでもできるスーパーマンではなく、この「のび太」だからいいのだろうな、と思う。助けてくれるドラえもんとて、決してデキのいいロボットではないという設定だ。だから子どもは、親しみを感じるし、一緒になってハラハラもするし、うまくいけば喜びもひとしお、ということになるのだろう。

が、実はちょっと心配な面もあった。こんなにのび太に肩入れしてしまっては、「勉強は、つまらない」「テストは、むずかしい」「宿題は、イヤイヤやるもの」という発想が、刷り込まれてしまうのではないだろうか。学校に行く前から、そんな先入観を持ってしまっては、子どもにとってマイナスなのではないだろうか、と(少数派かもしれないが、私自身は、ものすごく勉強が好きな子どもだった)。

しかし、それも杞憂に終わりそうだ。

のび太は勉強のとき、どうしても、なまけごころが出るんだ。でも一年に二、三回反省して、ひとみが輝くんだよ!」なんてことを嬉しそうに言っている。反面教師と言っては言い過ぎだが、子ども心に、なまけるのはよくないということが、そしてそれを克服するのはエラいということが、わかっているようだ。そのあたりの伝え方が、『ドラえもん』は実にうまいと思う。

また、こんなこともあった。明日、ポケモンカードを、幼稚園のお友だちと見せっこするという。実は息子は、私の知人のご子息から、かなりの数のカードを譲り受けた(彼はもうポケモンを卒業し、次なるカードゲームに夢中らしい)。おそらく持っている数やカードの豪華さは、息子が一番だろう。少し心配だ。

たくみんがたくさん持っているのは、しゅんすけお兄ちゃんの大事なカードをいただいたからだよ。お友だちのカードが少なくても、少ないなあっていったり、いばったりしないでね」。私が言うと、こんな答えが返ってきた。

「わかってる。それは、いつもスネ夫がやってることだから」

カードの見せっこは、楽しくできたようだ。

【この書評が収録されている書籍】

『かーかん、はあい 子どもと本と私 』(朝日新聞出版) 著者:俵万智



【書き手】
俵 万智
歌人。1962年、大阪生まれ。1985年早稲田大学第一文学部卒業。1987年、歌集『サラダ記念日』を出版、ベストセラーに。翌年、同歌集で現代歌人協会賞受賞。歌集に『とれたての短歌です。』『もうひとつの恋』『かぜのてのひら』『チョコレート革命』『プーさんの鼻』(若山牧水賞)『オレがマリオ』など。古典研究やエッセイも多く手がけ『恋する伊勢物語』『愛する源氏物語』(紫式部文学賞)『チョコレート語訳 みだれ髪』『あなたと読む恋の歌百首』『かーかん、はあい 子どもと本と私』『旅の人、島の人』など。現在「文學界」にて「牧水の恋」を連載中。

【初出メディア
本の窓 2008年

【書誌情報】

ドラえもん

著者:藤子・F・不二雄
出版社:小学館
装丁:コミック(190ページ
発売日:1974-07-31
ISBN:4091400019
ドラえもん / 藤子・F・不二雄
物語に没頭し、登場人物に感情移入するという経験