女優でタレントの中川梨花(21歳)が、11月12日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。自身のかわいさを全面に押し出し、“第2の小林麻耶”と形容され、反響を呼んでいる。

初登場となった中川は、明石家さんまに対して年齢を指で示したり、「かわいくて当たり前」と発言するなど、随所で“ぶりっ子トークを披露。

さんまから「若い時の小林(麻耶)見てるみたいやわ」と評され、小林に対して「似てるな、自分でもそう思うやろ?」と同意を求めると、小林本人も「ちょっと。何か似てる」と答える。  

そんな中川に対して、他の女性陣からは「うるせー!」「大きめのケガをして欲しい」といった辛辣な言葉が浴びせられるが、中川は意に介さず、ぶりっ子をやり切った。

ネットでも中川の存在は反響を呼び、「中川梨花って子、すごいかわいい。癒される」「自分がかわいいって事を知ってる」「第2の田中みな実でもあるな」「こういう女苦手!」「あざとい。あざとすぎる」といった声が上がっている。