玉ねぎを包丁で切る際、目に染みて涙が止まらなくなることはありませんか。

みじん切り』をする時などは、メガネゴーグルをして目を守る人もいるでしょう。

玉ねぎを切る時の『装備』

漫画家の望月和臣(@mochi0w0omi)さんは、玉ねぎカットする時の『装備』を編み出しました。漫画に描いてTwitterに投稿したところ、反響が上がっています。

目と鼻をラップで覆うと、涙が出ない!

投稿者さんいわく、ラップの上からメガネをかけると、はがれ落ちにくくなるので、さらによいそうです。

ネット上では投稿を見た人たちから、数多くのコメントが寄せられました。

・さっき刻んだばかり…。もっと早く知りたかった…。

・天才かよ!今度から真似します!

ラップは目からウロコ。玉ねぎ冷蔵庫冷やしておくといいよ!

また玉ねぎ冷蔵庫冷やし、よく切れる包丁を使うのもポイントとのこと。

玉ねぎを切る際には、一度こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@mochi0w0omi
※写真はイメージ