子供たちに絶大な人気を誇る「新幹線変形ロボ シンカリオン」。テレビアニメ版に登場したブラックシンカリオンこと「漆黒の新幹線」をファンが自作したNゲージ鉄道模型が、驚きの再現度で注目を集めています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 新幹線車両が巨大ロボットに変形するというコンセプトで、2015年から展開が始まった「新幹線変形ロボ シンカリオン」。新幹線車両が変形する巨大ロボットとしては、300系が変形する「勇者特急マイトガイン」(1993年)などの先例がありましたが、JRグループジェイアール東日本企画ほか)が参画してのプロジェクトとしては初めてのものです。

 2018年からテレビアニメ版「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」が始まり、作品世界はさらに広がりと深みを増しました。2019年6月で惜しまれつつ放送が終了しましたが、TBS系28局での放送がある毎週土曜日には、東京駅新幹線ホームに本物の車両を見ようと、多くの子供連れがやってくるという人気を誇りました。

 そのテレビアニメ版で、主人公速杉ハヤトらが運転(操縦)するシンカリオンと対をなす存在として登場するのが、謎の「漆黒の新幹線」が変形するブラックシンカリオン。当初は敵方として対決しますが、第47話以降はハヤト達を手助けする存在となります。

 どこからともなく現れる謎めいた存在であると同時に、シャープラインが際立つ黒いボディは子供たちの間でも高い人気を誇ります。今回、その漆黒の新幹線が現れたのは、とある鉄道模型店のレンタルレイアウトNゲージの線路上です。

 これを作ったのは、鉄道模型を趣味とするクレナイさん(@getureigo)。クレナイさんは目撃した子供とその母親、店員さんとの会話を「母親『Nゲージブラックシンカリオンってあるんですか?』店員『いえ、発売していません』母親『w?じゃぁあそこで走っているのは?」店員「お客様の自作品ではないかと…』母親『売ってないんだって』子供『びえぇぇぇぇっ!(泣』 自分(お母さん、店員さん、マヂごめん!!)」と Twitterで紹介してくれています。

 続くツイートには、過去にも同じように子供連れの母親に聞かれ、自分で作ったと答えると母親が子供に「じゃぁお父さんに作ってもらおうね」という流れになった話も紹介してくれています。お父さん、作れたのかなぁ……。

 クレナイさんによると、これは2作目(2編成目)となる漆黒の新幹線。最初の作品は、アニメで「E2系行方不明になっている」という描写があり、それをもとにE2系車両をベースに1か月ほどでフル編成を作ってしまったとのこと。ちなみにシンカリオンも、E2系ベースにした試作機(シンカリオン E2)が存在します(爆発事故で後尾車のみ残存)。

 しかし完成してみると、先頭部分がアニメの姿に比べて寸足らずなところがあり、なにか似ていないと感じていたとか。その後アニメ放送終了間際に登場した姿をよく見てみると、E2系より先頭部分が細長く伸びたE5系ベースではないかと気が付き、E5系ベースに2週間ほどで先頭車のみを作ってみたそうです。

 確かにアニメに登場する漆黒の新幹線は、運転台部分がキャノピー状になっており、E5系に似たフォルムといえます。後ろに連なる窓の数もE2系より少なく、E5系に近そう。先頭部分が長く伸び、シャープな印象がよく再現できています。

 特徴的な先頭部分の造形は、パテを盛って形を整えたもの。パテの分重心が前方に移り、フルスピードで走らせた際にカーブ遠心力により脱線してしまったので、後ろの台車位置に重りを載せ、バランスを調整しているんだとか。パテと重りで、通常なら軽いはずの先頭車が、モーターを乗せた車両のようにズッシリしているそうです。

 こうして出来上がったE5系ベースの先頭車を既存のE2系ベースの編成に連結し、10月鉄道模型を公開する機会で走らせたところ好評だったので、現在残りの車両もE5系ベースに作っている最中だといいます。クレナイさんのTwitterでは、その進捗状況が時折紹介されています。

 クレナイさんによると、先頭車以外の車両はアニメなどで描写されることが少なく、考証資料が少ないのが悩みの種だとか。アニメでのブラックシンカリオンへの変形シーンや、プラレール(現在は絶版)の画像をにらめっこしながら作っているんだそうです。

 この漆黒の新幹線、ちゃんとNゲージレイアウト内で走らせることを目的としているので、車体寸法はNゲージの車両限界を超えないよう作られています。走っているところを見て、子供だけでなく「ブラックシンカリオンだ」と言ってくれるだけでも、作った側としては嬉しい限りだとのこと。

 もし見かけた際に、その場で質問や模型の写真を撮るのは歓迎だとクレナイさん。しかし欲しがる子供に泣かれてしまうのは、ちょっと心苦しいと心境を話してくれました。

 漆黒の新幹線ブラックシンカリオンは、“光の線路”でどこへでも出現します。このNゲージ模型も、ある日突然、とこかのNゲージレイアウトに現れるかもしれませんよ。運転士との適合率が高まると、ひょっとしたら「紅編成」も……?

<記事化協力>
クレナイさん(@getureigo)

(咲村珠樹)

「漆黒の新幹線」Nゲージに現る!自作のブラックシンカリオンが驚きの再現度