ラグビー日本代表の「フェラーリ」といえば、松島幸太朗選手と福岡堅樹選手だが、そもそもフェラーリってどのくらいのスピードで走るのか、ご存じだろうか。

イタリア自動車メーカーフェラーリが製造していたスーパーカー「 ラ・フェラーリ」は、最高速度がなんと時速354キロだという。そのフェラーリが走ってもOKな(ように見える)日本の一般道があった。

2019年11月8日に投稿された次のようなツイートが発端となり、話題となっている。

埼玉県某所には、制限速度が時速400km/hの一般道があるんだけど、少し前に時速440km/hから下げられたんだよなぁ。(*´・ω・) pic.twitter.com/ligBU90E1L
- えくさーつー@ばたんきゅー (@xor2) 2019年11月8日

写真の道路には、たしかに「400」と表示されている、ように見える。

制限速度が時速400キロという意味にとれる、はずだ。しかも高速道路でもなく、一般道のようだ。「埼玉県某所には、制限速度が時速400キロの一般道があるんだけど、少し前に時速440キロから下げられたんだよなぁ」というコメントも添えられている。

ツイッター上には、こんな声があふれている。

アウトバーンビックリな風景(笑)
鈴鹿サーキットですかここは?」
「もはや滑走路w」
「いけるぞ!ブガッティ・ヴェイロン!!」

ちなみに「ブガッティ・ヴェイロン」は、フランス自動車メーカーであるブガッティ・オトモビルが製造したスーパーカーで、最高速度が時速431キロと言われている。フェラーリよりも速いらしい。

しかし、何事にも慎重な(小心者の)Jタウンネット記者は、一応、念のため、投稿者に確認してみた。

埼玉県すごいですね」

Jタウンネット記者が、「場所は、埼玉県のどの辺りでしょうか?」と投稿者「えくさーつー」さんに尋ねると、こう答えてくれた。

埼玉県新座市内の県道です。10月頃、ふと気付いたんですが......」

なんだか奥歯に物が挟まったような答えである。

改めて、写真をよく見ると、「400」の一番右の「0」が薄汚れており、古びていないか?左の「40」は「ペンキ塗りたて感」がばっちり出ているのに、右の「0」は何だかくたびれきって見える。

なんだ、消し忘れか、これ? と気が付いた......(遅い!)。


ツイッターにもこんな指摘があった。

「そこの道、その先の道ですぐに40キロ制限に下げられるんですよね」
「400キロから40キロへのフルブレーキングか」
「区画線業者さん ちゃんと前のライン抹消しましょう」
「よく検査通ったな 埼玉県すごいですね」

制限速度が時速400kmの一般道? えくさーつー(@xor2)さんのツイートより