交番Atiwat Studio/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

次長課長河本準一が、13日に自身のブログを更新。交番からかかってきたという電話の内容について報告し、ネットから感動の声を集めている。

■「娘に何か…」

今朝妻あてにかかってきたという電話。出ると警察は「娘さんがですね…」と切り出したのだそう。妻が「娘に何かあったんでしょう!!」と返すと、「お金を拾って交番まで届けてくれました」とのこと。

その金額はなんと、2円。小学校への登校途中の出来事で、自身の遅刻をも顧みずにお金を届けた娘に「引くぐらい褒めてあげたい」と感動する河本だった。

関連記事:河本準一、電車の優先席で遭遇した出来事に激怒 「絶対許さん」

■蘇る過去の記憶

この件を受け、ある出来事を回想した河本。それは以前に娘と駄菓子屋に買い物に行った際のことだった。自分で貯めた100円で買い物をするという状況だったそうで、いざ会計してみると数円分足りない。

結局娘は仕方なく商品を戻したといい、その際に河本は「1円でも足りなかったら買えないんだ」とお金の大切さを伝えていたとのことだ。

■「娘さんすごい」と称賛の声

2円という少額を、自分の意思で交番に届けた娘。ネットからは「本当によく出来た娘さん」「純粋な子なんですね…」と続々と感動の声が。

またお金の重要性を十分に説いてきた河本夫妻に対しても「子育てが行き届いてる」「教育の成果ですね」と称賛の声が多数寄せられた。

■7割「お金が落ちていたら拾う」

交番に届ける以前に、そもそも拾うかどうかという選択を迫られるお金。とくに「2円」という少額であれば、無視するという人も多いのではないだろうか。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名を対象に「お金が落ちていた場合」について調査を実施したところ、およそ7割の人が「拾う」と回答。男女ともに年代が上がるほど、拾う人が増えるという結果となった。

お金が落ちていたら拾う性年代別グラフ

読む人の心を癒す、なんともほっこりとするエピソード。「朝からすこぶる気分の良い1日の始まりであった」と満足気な河本だった。

・合わせて読みたい→河本準一が「藤井フミヤに似てる」? 人生で最も痩せていた瞬間を公開

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

河本準一、交番にお金を届けた娘に感動 その金額に驚きの声も