11月13日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、クロちゃん(安田大サーカス)によるアイドルプロデュース企画「MONSTER IDOL」の第2弾を放送。クロちゃんの言動にネット上では「公私混同」などの声が上がった。

【写真を見る】番組放送中、自らのTwitterトレンド入りに歓喜するクロちゃん

この企画で女性アイドルグループプロデュースを手がけることになったクロちゃんは、今回の放送ではアイドル候補生8人と一緒に沖縄合宿を敢行した。

水着審査の最中には、クロちゃんが舐めるような視線で候補生たちを見つめつつ、私物と思われるスマホで候補生たちを撮影。さらに「この下どうなってんの? パレオの下は?」と言いながら候補生に水着をめくらせるなどの行為に及んだ。

審査とは関係なさそうなツーショットタイムもあり、クロちゃんは恋人のような言動やボディタッチで候補生たちを翻弄。

また、候補生のアイカに対してクロちゃんが「スパイになってほしい」と持ちかけて、ほかの候補生たちの反応や本音を探ろうと画策する場面もあった。

グループは、BiSBiSHなどの所属事務所WACK」からデビュー予定で、合宿のダンスレッスンにはBiSHのアイナ・ジ・エンドも参加し、新曲の振り付けを指導した。

第1期BiSメンバーだったファーストサマーウイカは、スタジオで合宿のVTRを見て「クロちゃん、めちゃめちゃ上手やなあと思いました」と眉間にしわを寄せながら驚嘆。

「巷にもこういう手のプロデューサーっている。洗脳に近い」と明かし、「アイナちゃんとか連れてきたら『ホントにアイドルになれる』っていうのが見えてくるから。『この人の言うこと聞かなあかん』ってなってくる」と、候補生たちの心情を読み解いていた。

SNS上では視聴者から「クロちゃんから候補生へのハラスメントが多すぎて胸焼けする」「公私混同」「アイドル候補生やプロデューサーがみんなこんな感じだと思われちゃいそう」といったメッセージが投稿されていた。

次回、11月20日(水)の「水曜日のダウンタウン」では、沖縄合宿の2日目の様子を放送予定。(ザテレビジョン

「水曜日のダウンタウン」に出演したクロちゃん