Bリーグで今シーズン快進撃を続けるサンロッカーズ渋谷の司令塔で、高速ドライブファンを魅了するベンドラメ礼生選手。今シーズンから新キャプテンに任命された25歳だ。躍進を続けるベンドラメ選手に、Bリーグの中継や見どころなどを紹介する番組「BS12水曜バスケ!」が迫った。


バスケットボールとの出会い

ベンドラメ:小学校3年生の時に、通っていた学童のボーリング大会で同じレーンになった友達のお母さんに誘われて。そのころ僕は怪我が多くて、何かスポーツをした方がいいと言われていたタイミングでした。最初はイヤイヤ始めましたね。

—高校時代は1年からベンチ入りし、3年次には高校3冠を達成。東海大学に進学し、1年時より4年連続でインカレ決勝戦進出。Bリーグ元年の2016-2017シーズンにプロデビューすると、その年の新人賞に輝いた

ベンドラメ:小学生の頃からプロになりたいと思っていたし、そのために強い高校・大学を求めバスケをしてきた。プロ1年目でBリーグになり、プロバスケットボールが盛り上がって、そのタイミングで新人王を取れて。時が経っても初代新人王と呼んでもらえるというのは、すごく運がいいし、ありがたい。

プレースタイルについて

ベンドラメ:僕のストロンポイントはやっぱりドライブですかね。ピック・アンド・ロールを使ってドライブをするだったり、一対一を仕掛けてドライブをするというのが僕の強みで、自信がある。そこはBリーグの中でも負けたくない。

オールスターにも選ばれるなど、Bリーグの顔へと成長したベンドラメ選手。日本代表にも選ばれ、ワールドカップ予選でチームの勝利に貢献。しかし、FIBAバスケットボールワールドカップ2019本戦を前に最終メンバー12人からは落選

ベンドラメ:すごく悔しいです。13人目で落ちても、30人目で落ちても、結局12人には入っていないので、一緒だと思う。目の前までワールドカップが見えていて、明日出発のメンバーと今日帰る自分、すごく悔しかったですね。プロになって泣くほど悔しかった経験はあまりなかったので、そろそろいい経験では終わりたくない。今まで落ちても「いい経験になりました」で終わらせてきたんですけど、いい経験で終わらせたくないというのはあります。

・合わせて読みたい→
40歳目前の田臥勇太が考える「自身の伸びしろ」とは?元日本代表の渡邉拓馬さんと夢の対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutatabuse-takumawatanabe-conversation/)

チームに戻ったベンドラメ選手。「いい経験で終わらせない」という言葉通り、これまで以上に強い気持ちで今シーズンに望んでいる。

ベンドラメ:自分の持ち味のドライブを生かしつつミスを減らす。そしてポイントガードで一年間戦い抜くということが自分の成長に繋がると思う。日本代表に入るために個人のスキルアップ。それがチームのためになると思うし、自分のためにもなるので、まずはそこを目指して頑張りたい。

—今シーズンからキャプテンに任命され、精神的にもチームを支えるベンドラメ選手。激戦の東地区でここまで2位につけるなど、サンロッカーズ旋風を巻き起こしている

ベンドラメ:東京オリンピックワールドカップよりも特別な大会だと思うので、そこに向けてメンバーに入りたいと思う選手はたくさんいると思うし、競争は激しくなると思う。だけど、それに負けないように、自分が絶対メンバーになるという気持ちを持って、Bリーグの試合も1試合1試合がアピールの場だと思って取り組んでいきたいと思います。

 VTRを受け、スタジオの番組MCおのののかさんは「試合を見ていても、昨シーズンとひと味違うなと思う。いい経験というか、苦い経験がプラスにして働いていると思う。ベンドラメ選手の良さであるドライブ、試合を生で見るとすごいスピードで大きな選手に切り込んで行く姿というのはグッとくるものがある。渋谷は今シーズン選手がガラッと変わったけれど、それでベンドラメ選手の良さがさらに引き出されているという印象もある」とベタ褒め。

番組解説の渡邉拓馬さんは、「泣くほど悔しかったという言葉は、大人になるとなかなか正直に言えないけれど、それを正直に話せることが彼の成長だと思う。その気持ちがあるからこそ、今のパフォーマンスができている。いい経験で終わらせたくないという言葉を言うことで自分にプレッシャーをかけていると思う。『いい経験』という言葉で逃げるということもできるけど、逃げない覚悟があるのだと思う。これからも非常に注目の選手」とコメント

ワールドカップ最終選考での落選を経て、一皮も二皮も抜けたベンドラメ選手。サンロッカーズ渋谷快進撃の立役者が再び日本代表として活躍する日は近い。

次回の「BS12水曜バスケ!」は11月27日に放送する。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「泣くほど悔しかった」「いい経験では終わらせたくない」、バスケW杯本戦落選のベンドラメ礼生の決意と覚醒