モデルプレス=2019/11/14】歌手のLiSAが大みそか恒例の「第70回 NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まり、14日、東京・渋谷の同局にて行われた発表記者会見に出席した。

【フォトギャラリー】「第70回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表!

2010年にソロメジャーデビューを果たし、アニソン界の歌姫と呼ばれるLiSA。念願の初出場が決まり、「今日まで応援してくださった世界中のみなさんに、テレビを通して私らしいライブをお届けできたらと思います」と喜びの心境を明かした。

紅白については「やっぱり紅白歌合戦というのは、年末に家族が1つになって、1つの番組を見ながら子供から大人まで様々な年代の方が一緒に応援できる代表的なアーティストさんが出られる番組だなと思っています。そこに初出場させていただけたことは本当にとても嬉しいです」と印象を明かし、「早くファンの方、そしてお世話になった方、そして母に伝えたいと思います」と呼びかけた。

LiSAの活躍と影響力に期待

LiSAの出場背景について、制作統括の加藤英明氏は、「アニソンという域を越えたご活躍されているソロアーティストだと思っています。特に今年のTVアニメの『鬼滅の刃』がヒットしていて、(LiSAが歌うオープニング曲の)『紅蓮華』という曲チャートで1位を獲得しているということで、今年の活躍が顕著だと思います」と今年の活躍を評価。

加えて、「日本の音楽シーンにおいてアニメ発の音楽、ゲーム発の音楽、それこそ2.5次元の舞台の世界のコンテンツも、10年ぐらい幅広いシェアを誇っているのは間違いないと思います」とも語り、「ぜひそういった方も紅白に取り込みたいということもありますし、ネット上の反響を見ていてもLiSAさんはすごいので、そういう意味で普段TVを観ないような若い視聴者に紅白を観て欲しいというのもある」とLiSAを起用することで若い視聴者の獲得を狙ったことを明かした。

◆「第70回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

出場歌手は紅白合わせて41組。初出場は紅組3組、白組5組の合わせて8組。

初出場歌手は、紅組から今年2月に「けやき坂46」から改名し3月にデビューを果たしたばかりの日向坂46、アーティスト米津玄師プロデュースで話題沸騰中のこどもユニット・FoorinLiSA、白組からデビュー8年目で舞台への切符を掴んだGENERATIONS from EXILE TRIBE、Kis-My-Ft2菅田将暉Official髭男dismKing Gnuが決定した。

◆紅白テーマ“4年目”の「夢を歌おう」

2016年からオリンピックイヤーを目前にした4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。オリンピックイヤーを目前にした今年の「第70回」は、そのしめくくりの年となる。

総合司会は3年連続となるウッチャンナンチャン内村光良。紅組司会は4年ぶりとなる綾瀬はるか、白組司会は2年連続単独司会となる嵐・櫻井翔。放送は、2019年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。(modelpress編集部)


Not Sponsored 記事】

LiSA(C)モデルプレス