1800馬力を超えるハイパワーを発揮する4ローター仕様ロータリーエンジンを搭載した、クレイジーすぎる4WD仕様「RX-7FD3S)」が海外で大きな注目を集めています。

【写真】1800馬力オーバー化け物FD3Sの全貌

 まだ製作途中じゃないかと突っ込みたくなるような姿ですが、自作パイプフレームに、ガッチガチな足回り、そしてエンジンの上に鎮座する巨大なカタツムリ……。ただのRX-7ではないことは明らかです。

 このRX-7は海外の人気カスタムカーYouTuber、Rob Dahmさんが手がけているもの。世界的にもかなり珍しい「4WD化」されたRX-7で、搭載しているロータリーエンジンは4ローター仕様。ギャレットの大型ターボチャージャーによって最大1800馬力ものぶっ飛びパワーを発生させます。

 このRX-7が披露されたのは、世界各国からツワモノたちが集まり、自慢の魔改造マシンを披露するカスタムカーの祭典「SEMAショー」。11月5日から8日にかけてアメリカで開催されました。

 オーナーのRob Dahmさんはショーで見せびらかすためだけに作ったわけではなく、世界有数の最高速チャレンジとして知られる大会「ボンネビルスピードウェイ」に挑戦して、「世界最速のRX-7」の称号を得ることが、彼の人生の目標。現時点ではエンジンの動作確認が済んでいるテスト段階のようですが、広大な塩湖を駆け抜けていく姿を早く見たいものです。

ミニカーの向こうに見える魔改造RX-7。あるべきものがない……!