“スピンドルグリル”採用!
存在感タップリにビッグマイナーチェンジ


LEXUS/RX
レクサス/RX(10系後期) 2012年4月マイナーチェンジ


レクサス RX 10系 後期 2012 2013 2014 2015 中古 試乗 ノーマル
レクサスブランドSUV、RXがマイチェンを果たし、装いも新たに登場した。その装いとは、いうまでもなくフロントビュー。レクサスGSから採用された新しいレクサス顔であるスピンドルグリルだ。

このフロントビューは、これまでの大人の趣であるラグジュアリーテイストとは比べることもないほど絶大なインパクト。しかも今回から新たに設定された“Fスポーツ”は、大型エアロバンパーを備えて、さらにその上をいくのだから恐れ入る。

この“Fスポーツ”はルックスだけでなく、専用チューンのサスペンションに19インチホイール、ボディの捻れや微振動を抑制するパフォーマンスダンパーを前・後に装着しているなど、走りの面でも一線を画したスポーティバージョンだ。

まず試乗したのはハイブリッドモデルである450hの“Fスポーツ”だ。多数のアップダウンがあるワインディングが主な試乗コースとなったが、きつい登りでも2tオーバーのボディ重量を苦にすることない走りを披露してくれるのは、さすがにハイブリッドならではといえる。もっともこうした動力性能は従来どおりで特に変更はない。

違いを感じたのはハンドリングだ。ステア初期の応答性がリニアになっており、タイトなコーナーでもスイッと気持ち良くトレースしてくれる。リアの安定性も高く、ロール感も良いのでついついオーバーペースになってしまうほどだ。

乗り心地という点では、同じ450hの“バージョンL・エアサス”の方が、よりフラットさが際立つが、スポーティバージョンとして期待する向きには、その期待をけして裏切らない良好なパフォーマンスを披露してくれる。

続いて3・5ℓV6ユニットを搭載するRX350の“Fスポーツ”にも試乗してみた。こちらも良好なスポーティフィールが嬉しい。450hのようにモーターアシストがない分、登りのワインディングではエンジンを回すことになるが、それがまたハイブリッドにはないというか、長年親しんできた走りのリズムに置き換わるといった感覚がある。

もう1台、RX270の“バージョンL”に試乗したが、RXの車格感に対して、たとえば加速時の4気筒のテイストを嫌うのでなければ、充分満足度は高い。いずれにしても新しいRXは、ルックスと走りの両面で新たな魅力を身につけたといえそうだ。

RX450hに搭載される3.5ℓエンジンモーターとの組み合わせで183kW/335Nmのパワーを誇りながらもJC08モード17.4㎞/ℓを達成。


今回のMCでエクステリアデザインでは、「スピンドルグリル」の他にも、L字型LEDクリアランスランプ・テールランプなどを採用している。

「スピンドルグリル」とは、レクサスの独自性を継承した逆台形のアッパーグリルに、台形のロアグリルを組み合わせた形状のグリルのこと。空力・冷却などの性能向上を活かした造形だ。

“F SPORT”登場!

エクステリアでは“F SPORT”専用スピンドルグリルフロントバンパー、19インチアルミなどを採用。インテリアにはディンプル加工が施された本革のステアリングシフトノブ、パドルシフトアルミスポーツペダル、スカッフプレート、ブラックインテリアが奢られる。写真はRX350“F
SPORT”。

※記事の内容、価格、スペック等は2012年4月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

スタイルワゴン2012年6月号より

レクサス・10系後期RX(2012年4月〜2015年10月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記