米Visaの日本法人ビザ・ワールドワイド・ジャパン11月14日Google Payに登録した一部のVisaデビットカードで、NFCを使った非接触決済「Visaタッチ決済」が使えるようになったと発表した。対応するデビットカードを登録したAndroidスマートフォンをレジの決済端末にかざすだけで支払えるようになる。

【その他の画像】

 Google PayAndroid端末向けのモバイル決済サービスVisaタッチ決済に対応するのはジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行りそな銀行埼玉りそな銀行関西みらい銀行が発行するVisaデビットカードタッチ決済時にサインや暗証番号の入力は不要。

 国内で普及するFeliCa搭載スマートフォンで使える「QUICPay+」や「iD」などとは異なり、NFCを搭載するAndroidスマートフォンであれば、世界約200カ国以上で使えるのが特徴だ。