モデルプレス=2019/11/14】大みそか恒例の「第70回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表記者会見が14日、東京・渋谷の同局にて行われ、昨年、紅白初出場を果たしたムード歌謡コーラスグループ・純烈が、2年連続出場することがわかった。

【フォトギャラリー】「第70回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表!

◆純烈、2年連続紅白出場決定

昨年の紅白出場後、メンバーの友井雄亮さんがグループを脱退、そして芸能界から引退をし、4人体制で再始動した彼ら。

今年の選考理由については、会見後に行われた囲み取材で制作統括の加藤英明氏が「活躍、支持、今年の企画・演出の3つの指標に照らし合わせて総合的に判断した」と説明。

さらに、「リリースされている楽曲も非常に支持されているというところは今年の活躍が顕著だったと言えると思います」と活躍ぶりを評価していた。

◆「第70回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

出場歌手は紅白合わせて41組。初出場は紅組3組、白組5組の合わせて8組。

初出場歌手は、紅組から今年2月に「けやき坂46」から改名し3月にデビューを果たしたばかりの日向坂46、アーティスト米津玄師プロデュースで話題沸騰中のこどもユニット・FoorinLiSA、白組からデビュー8年目で舞台への切符を掴んだGENERATIONS from EXILE TRIBE、Kis-My-Ft2菅田将暉Official髭男dismKing Gnuが決定した。

◆紅白テーマ“4年目”の「夢を歌おう」

2016年からオリンピックイヤーを目前にした4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。オリンピックイヤーを目前にした今年の「第70回」は、そのしめくくりの年となる。

総合司会は3年連続となるウッチャンナンチャン内村光良。紅組司会は4年ぶりとなる綾瀬はるか、白組司会は2年連続単独司会となる嵐・櫻井翔。放送は、2019年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

純烈/写真は2019年4月1日実施イベントより(C)モデルプレス