日本経済新聞社、世界最大級のイノベーションデータベースを持つアスタミューゼ、新規事業開発に強い欧州経営コンサル大手のローランド・ベルガーが初めてコラボレーション。『社会課題・未来』×『自社・協業先のアセットテクノロジー』×『世界のイノベーションデータ』というデータドリブンなアプローチを基にした、未来構想・事業開発の戦略と具体的手法を提供します。既存事業の革新、新規事業の展開を切実にお考えの経営者の方々に、気づきと腹落ちを得られる密度の濃い一日プログラムをお届けします。

未来が読めない時代、経営者には10年、20年先の自社の姿をイメージし、自らビジネスを創造する力が求められています。本セミナーの目的は、企業が持つ可能性やリスクを分析し、複雑に絡み合うシナリオへの対応や意思決定をし、SDGsに沿った未来戦略を創出すること。イノベーション情報データベースやSDGsに対応した独自の105の社会課題フレームワークを駆使し、ワークショップ形式での企業個別の戦略を具体的に分析・提示します。

■経営者層向け「未来事業創造一日セミナー」■
<日時・場所>
日時:11月27日(水)9時~18時 (終了後に懇親会)
場所:帝国ホテル(東京)
定員:30名

<対象>
◎新規事業を計画・構想している企業の原則として経営者層(CXO)。
◎都市化に関する社会課題解決の関連業種企業(物流、旅客航空輸送/自動車ホテル/レストラン/レジャー、食品/ヘルスケア、電子装置/機器、繊維/アパレル、建築土木/住宅/建材、電気/ガス、警備/セキュリティ、など)

プログラム
◎第1回 テーマ:「『都市化』に関する社会課題を解決する新規事業と未来構想」
1、なぜ社会課題が重要か
2、未来創造に向けて、注目すべき社会課題とそれを解決する最新ビジネステクノロジー
3、未来を構想する
4、VUCAな時代の事業ポートフォリオマネジメントはどうあるべきか
5、新規事業を量産する必要性、そのための手法と戦略
6、各企業個別に社会課題を題材とする新規事業立案ワークショップ
7、懇親会

〇受講料:24万円(昼食、懇親会費用、資料代等を含みます)
〇申込サイトhttps://eventregist.com/e/n-a-rmirai191127

<講師>
アスタミュー株式会社 代表取締役社長 永井歩
株式会社ローランド・ベルガー パートナー 中野大亮
同社 パートナー 渡部高士
(講師略歴はサイト https://eventregist.com/e/n-a-rmirai191127 をご参照下さい)

<今後の一日セミナー日程(予定)、カギカッコ内はテーマ
社会課題別の全5回のシリーズですが、各回の内容はそれぞれ独立しています。
一回ごとにお申し込みください。二回以上のご参加には割引もあります。
◎第二回2020年1月22日「気候変動・環境汚染に関する社会課題解決」
◎第三回2月26日「資源・エネルギー問題に関する社会課題解決」
◎第四回3月18日「少子高齢化・人口増加などに関する社会課題解決」
◎第五回4月15日(予)「AI等の科学技術の飛躍的進歩に伴う社会課題の解決」
※全五回終了後、イノベーションコミュニティミーティングを設定します(会費別途)

世界80か国から集めているデータベースから抽出した詳細な資料を使いながら、目に見える形で未来構想をしていただける特別なプログラムです。この機会に是非ご参加ください。

配信元企業:アスタミュー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ