【元記事を音楽ナタリーで読む】

SEEDAアルバムを原案とする映画「花と雨」の場面写真と予告編が公開された。

【大きな画像をもっと見る】

2020年1月17日に公開される映画「花と雨」は、Perfume水曜日のカンパネラ、ゆず、ビョークなど多くのアーティストミュージックビデオを手がける映像ディレクター土屋貴史の長編商業映画デビュー作。ラッパーとして活動しながらも現実の厳しさに直面して自分を見失い、ドラッグディーラーに成り下がってしまう主人公・吉田を笠松将が演じる。

予告編にはアルバムの表題曲「花と雨」が使用されており、吉田がステージパフォーマンスを行う姿や姉の麻里と過ごす場面、ドラッグディールに手を染めるシーンなどが収められている。

映画「花と雨」より。(c)2019「花と雨」製作委員会