マリオ・マンジュキッチ 写真提供:Gettyimages

 ユベントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチがアメリカメジャーリーグサッカーMLS)へ移籍する可能性がまだ残されているようだ。イタリアメディアカルチョ・メルカート』が伝えている。

 1月の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が有力視されているマンジュキッチ。しかし、今回の報道によるとMLSへの移籍の可能性も残っているという。

 マンジュキッチの獲得に動いているとされているMLSクラブは複数あるようだが、デビッド・ベッカム氏らが共同オーナーを務めるインテル・マイアミもそのうちの1つだという。

 マンジュキッチはチャンピオンズリーグ(CL)に向けたメンバーから落選。今冬の移籍市場での退団が確実視されている。果たして、マンジュキッチの新天地はどのクラブになるのだろうか。