世界中で人気沸騰の体験型エンターテインメント脱出ゲーム”をモチーフにした予測不能のサバイバルスリラー『エスケープ・ルーム』が、2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国ロードショーされることが決定した。

あるシチュエーションに閉じ込められた参加者が、仲間と協力してパズルと暗号を解き、アイテムや鍵を探し出して密室からの脱出を試みる--。すでに公開されている全米では、世代もバックグラウンドも異なる登場人物たちの極限心理に迫り、決死の脱出アクションや謎に包まれたゲームマスターの存在など、次々に訪れる衝撃的な展開が話題となり、続編の製作も進行中の注目作だ。

この度解禁された場面写真には、天井や柱がオーブンのように熱を帯び、急激に室内の温度が上昇していく「灼熱地獄」や、凍てつく氷点下の世界に閉じ込められる「極寒地獄」、天地が逆転し、フロアのパネルが一枚また一枚と外れ、はるか下へと落ちていく「宙吊りビリヤード・ルーム」、病院のような薄暗い空間にじわじわと毒ガスが噴射されていく「猛毒ガスルーム」、部屋の壁面、什器すべてのものにゼブラ柄が装飾され、見ているだけで目がクラクラしてきそうな「死の幻覚ルーム」など、本作の舞台となる脱出ゲームの個性豊かな「部屋」の様子が収められている。






『エスケープ・ルーム』
2020年2月28日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他、全国ロードショー

STORY
内気な理系女子大生ゾーイ、冴えないフリーターの若者ベンらの男女6人が、賞金1万ドルが懸かった体験型脱出ゲームに参加するため、シカゴ高層ビルに集まった。ところが前触れもなくゲームが突然スタートし、姿なきゲームマスターが仕掛けた邪悪なトラップに翻弄され、タイムリミットが迫る極限状態で命がけのゲームを強いられていく。想像を絶する難関を死に物狂いでクリアしていくうちに、やがて全員が大惨事の“唯一の生存者”という共通の過去を持つことが明らかになる…。

監督アダム・ロビテル
製作:ニール・H・モリッツ、オリ・マーマー
脚本:ブラギ・シュト、マリア・メルニク
出演:テイラーラッセルローガンミラーデボラ・アン・ウォール、ジェイエリスタイラー・ラビーン、ニック・ドダーニ、ヨリック・ヴァンヴァーニンゲン
提供ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
配給:東京テアトル
(c)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

脱出ゲーム”の舞台となる部屋が一挙解禁! サバイバルスリラー『エスケープ・ルーム』が来年2月28日公開は、【es】エンタメステーションへ。
エンタメステーション

掲載:M-ON! Press