陸上男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキームが11月15日、プロへ転向することをTwitterで発表しました。

【動画】プロ転向への思いを語るサニブラウン

 2017年にフロリダ大学へ進学し、2019年6月の「NCAA屋外陸上競技選手権大会」男子100メートルで日本新記録を樹立したサニブラウン。プロへの転向については、「より陸上に集中できる環境に身を置いて、高いレベルで競技に取り組み、プロという厳しい世界で結果を出していけるようにベストを尽くしたいと思っています」と心境をつづっています。

 続けて、「これまで指導いただいたコーチ、支えてくれたチームメイトや家族には心から感謝しています」とツイート。プロ転向後も学業は続けるとしており、「今後とも応援よろしくお願いします」と呼びかけています。

 サニブラウンは男子サッカー香川真司さんや柴崎岳さんらのマネジメントも手掛ける「UDN SPORTS」とマネジメント契約を締結。スポンサー契約が可能となり、企業から金銭的支援を受けられるようになります。

UDN SPORTSとマネジメント契約を締結したサニブラウン(画像はUDN SPORTS Instagramから)