【元記事をコミックナタリーで読む】

本日11月15日発売のコロコロアニキ2020年冬号(小学館)では、「ポケットモンスター ソード・シールド」を特集している。

本日リリースされたばかりのNintendo Switch向けゲームポケットモンスター ソード・シールド」。今号では巻頭で特集が展開され、付録としてコロコロアニキオリジナルのトートバッグが用意された。また「ギエピー」で知られる穴久保幸作が「ポケットモンスター」のマンガを3本立てで執筆。ニャロメロンが独自の切り口で「ポケモン」への思いを描いた「ニャロメロンポケモンヒストリー」も掲載された。

そのほかすがやみつるゲームセンターあらし」の新作エピソード第2弾と、応募者全員サービスとしてインベーダーキャップの新デザインが登場。加えてピョコタン「40代漫画家、原稿料は月5万…副業のユーチューバーでの月収20万!!」、河本ひろし装甲娘」の2本の新連載が始動した。またカネダカズヤ「死.tv」は完結。単行本の最終3巻は12月12日に発売される。

コロコロアニキ2020年冬号