娘の5歳の誕生日を思い出深いものにしようと念入りな計画を立てていた母親の思いが、誕生日ケーキを注文したベーカリー店によって台無しにされてしまったようだ。母親と店側が互いの主張をSNSで発信するなかで、訴訟に言及する事態となっている。『The Sun』『Delish.com』『WILX10』などが伝えた。

ミシガン州に住むアレクサンドラ・シュローダーさん(Alexandra Schroeder)が、今年5歳になる娘のために誕生日パーティーを開いた。可愛い娘のためとあって、アレクサンドラさんは1か月以上も前からパーティーの準備を進めていた。誕生日ケーキには娘が選んだユニコーンを模したケーキを同州ランシングにある「ホイップド・ベーカリー(Whipped Bakery)」に注文し、パーティーもその店内で行うことにした。

誕生日の当日、アレクサンドラさんは準備のためベーカリー店に早めに到着した。誕生日ケーキの仕上がりを確認したかったアレクサンドラさんだったが、スタッフから「まだ出来上がっていない」と言われてしまった。さらにパーティー参加者は13人だったが、テーブルがひとつだけで椅子も6脚しか用意されておらず、座れない人は立っているようにと言われたという。

そして仕上がった誕生日ケーキを見て、アレクサンドラさんは絶句してしまった。お世辞にも完成度が高いとは言えないユニコーンを模したケーキは、特徴である角がずんぐりとした形で全く角には見えず、子供達に見せるのも恥ずかしい出来だった。アレクサンドラさんが参考にしていたケーキユニコーンの角は、色が鮮やかな金色でねじれながら細く伸びて先が綺麗に尖っている。

アレクサンドラさんはメディアインタビューに、このように語っている。

「角はとてもバツの悪い形をしていました。それに色が金色じゃないし、指紋が付いていたんですよ。『あぁ、手でこねて作ったんだ』ってわかってしまうほどでした。」

さらに残念な思いをしたことをFacebookに投稿し、ケーキの写真を添えた。

これにベーカリー店も黙ってはいなかった。仕返しのつもりなのか、アレクサンドラさん達がパーティーを終えた後の店内の写真をFacebookアップし、「なぜ、パーティー後に掃除をしないでそのまま帰れるのでしょうか。みんなのための部屋を台無しにするなんて許せません。今日はいい勉強になりました。これからはパーティーなどで店内を利用する場合には前金を受け取るようにします。スタッフパーティー後に残金を払うように求めただけなのに、逆に客に怒鳴られるなんて到底許されることではありません」と綴った。

この投稿にアレクサンドラさんは驚きを隠せなかったようで、パーティーで使用したゴミは片付けてから店内を出たことと、今回のパーティー費用やケーキ代も含めて370ドル(約40150円)を支払い済みで領収書も持っているといったコメントを返した。するとベーカリー店のFacebookページアレクサンドラさんのアカウントブロックコメントを返せないようにして、のちにその投稿を削除したようだ。

地元メディアの『WILX10』がベーカリー店に取材を求めたところ、全ては裁判所で争うつもりだと話していることが分かった。

アレクサンドラさんは今回のベーカリー店側の対応に対して返金を要求することはなく、「自分の受けた残念な経験を人々に知って欲しかった」と述べている。

画像は『Delish.com 2019年11月8日付「This Unicorn Cake Was So Botched, The Bakery And The Customer Are Going To Court Over It」(WILX10)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト