2019年11月13日に34歳の若さで急逝した俳優の滝口幸広さん。15日に訃報が報じられてから1日が経っても、ファンや芸能界からは追悼の思いが相次いで寄せられている。

滝口さんは、ニコニコ動画にも「空耳」で有名になったミュージカルにも出演しており、訃報を受けてファンが感謝のメッセージを発信している。

空耳「大石の照り鳥」でニコ動注目

滝口さんはテレビ・舞台・映画など幅広いジャンルで活躍してきた。とりわけマンガアニメ・ゲームの舞台化作品、「2.5次元舞台」での実績が豊富で、今後も2020年1月~3月に上演予定のゲームA3!」の舞台「MANKAI STAGEA3!』~AUTUMN 2020~」に鹿島雄三役で出演予定だった。

2.5次元舞台と滝口さん、インターネットにとっての特筆すべき舞台が、「ミュージカル テニスの王子様テニミュ)」だ、この長寿ミュージカルで滝口さんは、青春学園主人公越前リョーマの在籍する学校)の三代目キャストとして大石秀一郎役で出演していた。

当時の出演作のひとつ「ミュージカルテニスの王子様Absolute King 立海 feat. 六角?First Service」の映像が2008年ニコニコ動画に投稿されると、劇中のセリフ大石のテリトリー」が「大石の照り鳥」に聞こえると「空耳」で話題になり、ニコニコ動画上でのテニミュの「空耳ブーム」にも影響した。滝口さん本人も、三代目大石秀一郎としてユーザーファンに親しまれていた。

2011年の「発言」

11月15日に滝口さんの訃報が伝えられると、この動画にも追悼のコメントが溢れる。最も多いのは「あんたすげーよ!」というもので、これは滝口さんが2011年ニコニコ動画の番組内で「ブログに『あんたすげーよ!』ってコメントしてください」と発言し、その通りに「あんたすげーよ!」のコメントブログに多数投稿された経緯で定着したものだ。

他にも

ありがとうたっきー 最高の大石だよ」
大石バリー(註:空耳から派生した大石の愛称)ありがとう
ありがとうたっきー...これがテニミュにハマったきっかけのひとつだったんだよ...」

などの追悼と感謝のメッセージが16日現在も溢れている。

J-CASTニュース編集部 大宮高史)

「テニミュ」でも滝口さんを追悼するコメントがあふれた(ニコニコ動画より)