合成麻薬MDMAを自宅で所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)について、警視庁によると、MDMA風邪薬カプセルに入っていて、それが2錠見つかったという。

 見つかったのは東京・目黒区の沢尻容疑者の自宅で、午前8時40分頃のことで、カプセルは棚のアクセサリーケースの中に入っていたといい、逮捕は、このうちの1錠を持っていたという容疑。沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めており、取り調べには素直に応じているという。

 警視庁は、沢尻容疑者が麻薬を使用していたかどうかを調べるために簡易鑑定をしましたが、結果については明らかにしていない。また、どこで入手したのかはこれからの捜査で、沢尻容疑者の携帯電話などの解析を進めるとしている。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)
 

▶映像:東京湾岸署に入る、沢尻エリカ容疑者を乗せた車両

沢尻エリカ容疑者 MDMAはアクセサリーケースにあった風邪薬のカプセルに