嵐

ジャニヲタ歴30年ライターナンシー関ヶ原です。二宮和也くんが結婚報告をした直後の、嵐コンサートツアー5×20札幌公演初日に行ってきました。現場は、想像とは全く異なる様子で恐怖を感じ……。

■SNSにはウチワ案が目立ったが…

ジャニーズコンサートといえば、手作りウチワ。握手会がほぼないジャニヲタは、なんとか工夫して目立つウチワを作り、メンバーと目があったり指さしてもらったりすることに命をかけています。

結婚報道直後には、二宮くんに文句をいうウチワのデザイン案がSNSに出回りました。「服と女のセンスがない」「一生恋愛ソング歌うな」「自分の立場わかってる?」など、きつい言葉が並ぶ画像が多くのファンに拡散されました。

関連記事:密会? 妊娠? スキャンダル続くHey Say JUMPがファンの前で…

■ニノ結婚に関するウチワはほぼゼロ

こういった怒りの言葉が書かれたウチワを持つ人がいたらどうしよう…と震えながら札幌ドームに入場。しかし双眼鏡で会場を見渡すと、二宮くんの悪口を書いたウチワどころか、「結婚おめでとう」と書かれたウチワがほとんどなかったのです。

見渡せば、「投げCHUして」「大野くん釣って」(釣りが好きな大野くんに自分を釣ってもらう)といった定番のものがほとんど。時事ネタのウチワは「20年間ありがとう」「翔くん紅白の司会おめでとう」といったものしかありませんでした。

■MCでも結婚の話は出ず

コンサートが始まり、一人一人の挨拶コーナー。二宮くんがいつも決まって言う決め台詞「いらっしゃいませー!」が会場に鳴り響きました。しかしファンはいつもよりノリが悪く歓声も少なく、不安なスタートでした。

コンサート前半が終わり、いよいよMCタイムへ。相葉くんが当日のコンサートでミスをしたという話題から始まりました。会場全体が「え、もっと大事な話があるじゃん。なぜ相葉くんの話?」と動揺した空気に。

メンバーはあえて客の空気を読まず、「コンサートの前半だけで相葉くんのミスが複数ある」と、延々とツッコミつづけました。

■ファンの感想は…

コンサートに参戦していたファン20代・会社員・女性)は、「いつもニノがMCでたくさん喋ってメンバーをイジリ倒すのが面白いのに、口数が少なかったですね。変わりに必死で翔くんがMC回すから、なんか硬い空気になって残念(笑)」。

同じくMCを聞いていたファン(40代・主婦)は、「ニノの結婚話を避けるために相葉ちゃんが犠牲になってる感じがして、痛々しかった」と語りました。

■最後の挨拶でかすかに気持ちを伝えたニノ

コンサートの最後、一人ずつスピーチをするコーナーに。「今度こそ結婚の話をするかな」とソワソワするファンをよそに、メンバーはそれぞれ「インスタやったことなかったけど、30代のおじさんががんばるよ」「新国立競技場で会いましょう」など、新しい仕事の話をしていきました。

大野くんに至っては、日常におけるささやかな幸せについて語り出し、「相葉ちゃんがサラダ食べてるのを見るだけで泣ける」と言って会場に爆笑の渦を巻きおこしました。

そしていよいよ二宮くんの番です。5月の札幌公演初日でのスピーチでは、「20年間、人生投げ打って嵐をやってきたんだよ。だから嵐5人にしかわからない気持ちもあるんだ」と、少しキレ気味に話す場面もあったニノ。

しかし今回はとても穏やかに、「今日はなんかすごくみんなの優しさを感じました。あ、別にいつも感じてないわけじゃないですよ」とコメント。「優しさを感じた」と言ってましたが、本当にそうなのでしょうか?

■祝福ウチワをしまうファンも

このコンサートに参戦していたファン(30代・女性・会社員)は、「MCタイムで一切結婚の話をしてこないメンバーを見て、隣の席にいた親子が『今日はこのまま終わるんだな。』と察し、『ニノおめでとう』ウチワをそっとカバンの中にしまってました」。

ファンが結婚をお祝いをしたくてもさせてもらえない同調圧力札幌ドームの5万人と嵐のメンバーが、二宮くんの結婚なんてなかったかのように振る舞う空気。これは客の優しさではなく、もはや恐怖に感じました。

かつてのSMAPマネージャー飯島氏が、木村拓哉に一切結婚生活を語らせてこなかったのも事実。キムタクを成功事例として、今回の嵐も一切、結婚トークをしないと決めたのでしょうか。

・合わせて読みたい→嵐・二宮和也の結婚発表に祝福の声 なかには「意外」の声も…

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原

嵐・二宮、結婚報告直後のコンサート 「結婚を無かったことにする空気がすごい」