扶桑社はこのほど、アマゾンの成功の理由と徹底戦略について記した書籍「amazonの絶対思考」を発売した。

アマゾンジャパン元経営会議メンバーアマゾンの戦略を解き明かす。

Amazonの絶対思考とは

著者は、アマゾンジャパンハードライン事業本部・セラーサービス事業本部:アマゾンビジネス事業本部の事業本部長を歴任し、創世期から成長期の経営層として活躍した星健一氏。

星さんがアマゾンに入社後、強烈に意識して自らの働き方を進化せざるを得なかったポイントは、同社の“普通の基準”が、それまで働いていた日本企業や海外現地法人での経験から身に付けていた基準と異なることだったという。

同書では、アマゾンの普通の基準を「絶対思考」と呼ぶ。

アマゾンが世界で16カ国しか展開していない理由、「顧客中心主義」に尽きる基本理念、シャッター通り商店主サクセスストーリーアマゾンドリーム、業績分析は「1BPS=0.01%」の差を重要視、社内向け資料ではパワーポイント使用禁止の理由など、アマゾン成功の理由を解き明かす。

出典元:扶桑社プレスリリース

出典元:扶桑社プレスリリース

同書は11月15日時点で、amazon売れ筋ランキング・本(企業動向)にてベストセラー1位。楽天ブックスでの週間ランキング11月4日11月10日)でも出版・書店部門の3位にランクインしている。

amazonの絶対思考】
・著者:星 健一
・発売:2019年11月2日
・定価:本体1600円+税
・判型&体裁:46並製
・頁数:288ページ
・販売元:扶桑社
ISBN:9784594083168

パワポは使用禁止─アマゾンジャパン元幹部が「成功の理由」を解き明かす書籍「amazonの絶対思考」が発売