フランク・ランパード新監督のもとで素晴らしい戦いを展開しているチェルシープレミアリーグで3位につけるなど好調ぶりを見せている。

そうした中、アシスタントコーチであるジョディ・モリス氏のSNS上での振る舞いが物議を醸している。

Daily Mail』によれば、それはチェルシージョゼ・モウリーニョ元監督の発言に対するものだそう。

モウリーニョは先週末に『Sky Sports』の放送で、チェルシーの守備が緩いことを憂慮。モリスはその映像を引用しつつ、「ジョゼはまだ心配してる」というコメント絵文字ポストした。The Verveの『Bitter Sweet Symphony』という曲が流れるなか、泣き真似もしていたそう。

モウリーニョを笑いものにするような内容だったため、チェルシーコーチングスタッフとして不適切な振る舞いだと判断したという。

クラブはモリスに対してSNSを禁止することまではしないようだが、もっと自制するように警告したとのこと。

40歳のモリスはかつてチェルシーイングランドの未来を背負うと期待されたMF。小柄ながら正確なボールタッチから冷静にパスを捌いていけるゲームメーカーだったが、なにかと騒動も多い選手だった。

チェルシー、モウリーニョを小馬鹿にした副官に「SNS注意令」