小学館は、2019年11月12日、“ゆうきまさみ”氏の代表作のひとつ『機動警察パトレイバー』の愛蔵版第1巻を発売した。

 愛蔵版では、『週刊少年サンデー』連載当時のカラー原稿をすべて再現し、A5の大判で刊行されている。

 また、連載が始まる前に描かれた創作ノートからメカイラストを抽出した“コンセプトアート集”が巻末に収録されており、パトレイバーの原型となったと思われる機体から、物語に登場することのなかったものまで、さまざまなレイバーをみることができる。

 ちなみに、『デス・ストランディング』の小島秀夫監督も、自身のインスタグラムに本商品の写真をアップしている。小島監督のファンも要チェックかも!?


【画像2点】「マンガ『機動警察パトレイバー』愛蔵版が発売。連載当時のカラー原稿をすべて再現! 名作近未来SF永久保存版」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)







以下、リリースを引用


愛蔵版『機動警察パトレイバー』発売!

 2019年11月12日ゆうきまさみ氏の代表作のひとつ『機動警察パトレイバー』の愛蔵版第1巻が発売されました。

 少年サンデーコミックス、ワイド版、文庫版と版を重ねてきた本作ですが、愛蔵版では「週刊少年サンデー」連載当時のカラー原稿をすべて再現し、A5の大判にて刊行いたしました。

 過去のコミックス化では、物語のつながりを重視して縮小して掲載されていた扉絵も「扉絵ギャラリー」として復刻。

 連載当時の世相を反映したり、キャラクターの人物像が垣間見えるシーンを改めて楽しんでいただけます。

 さらに、連載が始まる前に描かれた創作ノートからメカイラストを抽出した「コンセプトアート集」も巻末に収録。パトレイバーの原型となったと思われる機体から、物語に登場することのなかったものまで、さまざまなレイバーを見ることができます。

 一般的なカバーがけではなく、特製の函(はこ)入りの特別仕様。各巻の函に掲載している線画は、ゆうきまさみ氏が愛蔵版のために描き足しを行ったものとなっています。

 表紙も特殊な印刷を施し、『機動警察パトレイバー』の集大成、決定版というべきコレクティブな書籍となりました。


タイトル:愛蔵版『機動警察パトレイバー
著者:ゆうきまさみ
定価:本体1800円+税
発行:小学館
巻数:全16巻
発売日:2019年11月12日より毎月1巻ずつ刊行(発売日は毎月10日前後)
愛蔵版『機動警察パトレイバー』商品ページ


カラーページの再現、扉およびコンセプトアートの収録の有無は巻によって異なります。


お詫び

 2019年11月12日発売の愛蔵版『機動警察パトレイバー』第1巻の表紙に誤植がありました。

正:「特車2課」
誤:「特車2科」

 制作上の確認が不十分で読者の皆様、ゆうきまさみ先生、関係者の皆様にご迷惑をおかけしてしまいましたこと伏してお詫び申し上げます。

 なお、印刷と製本の都合もあり、初版について刷り直しができないことも合わせてご報告させていただきます。

 2巻以降、同様の問題が生じないようチェック体制を整え、丁寧な本作りに精進いたします。