女優・沢尻エリカさん逮捕の報に芸能界が騒然となる中、タレントラサール石井さんらが、この一件と政治的な動向との関係に相次いで言及した。

沢尻さんは2019年11月16日、合成麻薬「MDMA」を所持していた疑いで、警視庁に逮捕されている。

「まただよ」「誰かがゴーサイン出してるでしょ」

このニュースが流れた直後の16日夕方、石井さんはツイッターで、以下のようにつぶやいた。

「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」

具体的な名前などは挙げていないものの、石井さんは前日15日にも「桜を見る会」問題について、「ちゃんとした政治案件だ」と厳しい見方を示していた。

石井さんのツイートを引用する形で、作家・コメンテーター室井佑月さんも、「な〜んか、匂うよね」とつぶやいたほか、落語家の立川談四楼さんも、

「『逮捕者リストがあってしかもそれはランク付けされてて、政権に不都合が生じると順次ゴーサインが出るのさ』などと言う人がいて、都市伝説のようなものと思っていたが、近年もしかしたらと変化し、今回の件で確信するに至った。あるんだよリストは。そうでなきゃジャストタイミングが説明つかねえよ」

と同調する。

総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題に対しては、保守系も含めたメディア、また野党などから、厳しい批判が巻き起こっている。政府は2020年度の開催を中止するなど対応に追われている。

百田尚樹「安倍政権にそんな力があるなら...」

以前から、こうした政治問題がクローズアップされている時期と前後して、芸能人の結婚・逮捕といった大きなニュースが起きると、その「タイミングの良さ」を主張する声が、ネット上で飛び出すことが多い。一方でこうした主張に対しては、いわゆる「陰謀論」的な見方であるとして、批判も少なくない。

今回の石井さんらの発言に対しても、安倍晋三首相との親密な関係で知られる作家・百田尚樹さんが、

「映画がドラマの見過ぎで頭の中が妄想が一杯なのだろうが、もうちょっと冷静になれよと言いたい。安倍政権にそんな力があるなら、とっくにあんたらが逮捕されてるよ」

とかみついている。

なお、石井さんの発言は17日14時までに4万回リツイート、11万件を超える「いいね」を集め、17日朝にはツイッターの国内トレンドに「ラサール石井」がランクインするほどの反響となった。石井さん自身は17日午後、「あんな普通のつぶやき」が上記のような反響を集めたことに「不思議」とツイートしている。

当たり役の「両さん」に扮したラサール石井さん