酔虎事件として世界に類のない珍奇事件とそれをめぐるマ司令部と政党の暗躍を白日下に曝す。筆者は当時の社会党渉外部長。

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「泉山虎大臣の出現」(解説を読む)

 昭和23年10月始め、民主、社会連立の芦田内閣が昭電事件で倒れ、自由党の第二次吉田内閣がその月半ばに成立した。この吉田内閣は少数党内閣だから一日も早く解散して総選挙を行おうと焦っていたが、総司令部の覚えが目出度くなかったため、解散をしようにも解散が出来ず、とうとう野党からズルズルに引きずられて、12月の通常国会に引張り込まれ、漸くのこと司令部のオー・ケーがとれて12月14日が国会の解散日と予定されるに至った。

 そこで野党の民主、社会、国協の三党では13日の朝代表者会議を開いて内閣不信任決議案文の起草を行い、筆者も社会党の代表で出席していたが、不信任案の本文と理由書の原案を筆者が起草し、三派会議に附して本極りとし、いよいよ翌日の解散に備えたのであった。野党の態勢は全く整い、翌日の解散に備えて個々の代議士は解散準備で心ここに非ざる情況であった。

 その13日の夜、泉山事件が勃発したのである。そうしてそのため解散が10日も延びて23日漸く解散に漕ぎつけ所謂正月選挙になったという次第である。

陰謀説も絶えない「泉山事件」とは

 泉山事件にはその当時も今でも色々な噂がまつわり、あれは計画的に仕組まれた陰謀で酒の強い山下春江をして意識的に酒好きの大蔵大臣泉山三六に酒を強いて泥酔させ、その後を色仕掛けで泉山の弱点を暴露させ、これを政治問題に持ち込んだものだ、泉山がその晩の10時半頃院内医務室で注射をして貰った時、医者が泉山の眼を見たら瞳孔が開いていたが、これはてっきり一服盛られた証拠だ、これらの陰謀的計画は解散を阻止し、出来た許りの吉田内閣を倒壊に導くためのものだった、こんな噂が飛び、いや噂だけでなくあの事件の直後、法務総裁の殖田俊吉が実際に司直をして調べさせたことがあった。

 こんな噂が災いし民主党の山下春江はその時の選挙で気の毒に落選の憂目をみ、これと逆にあの時気の毒な憂目にあった泉山は2年後の25年の全国参議院議員選挙で同情が集って40万票の大量得票をかちとったのである。

 あの事件の直後、総司令部でも「ダーティー・トリック」と言下に山下事件をあたかも民主党社会党が仕組んだ芝居だと直感した程だから、こんな噂がたったのも無理からぬことかも知れない。だがこのような噂や想像はことごとくうがち過ぎた話で事件の真相はこうである。

「泉山が大トラになっているから出席を求めよう」

 泉山事件の起きた12月13日は、野党の不信任案も出来上り、翌14日の解散を控えたいわば第4国会審議の最終日なので議員は全くそわそわした気持ちであった。その時の重要案は総司令部の指示による公務員給与ベースアップの給与法改正案と、これに見合う追加予算の2つ。13日の深更か14日の朝には参議院に送り出されようという時であった。

 丁度衆議院の本会議は夕方の6時、休憩に入り、議員食堂は最後の日だというので全くの呉越同舟で酒を酌み交わして選挙の話でもちきり、その間筆者等は休憩中に開かれた議院運営委員会に出て再開後の議事について話合い、再開後はまず最初に「未復員者給与法一部改正案」を上程する。これは大陸や南方にまだ居残っている人達の家族に優遇の道を講じてやろうという法案だから超党派の案。だから説明は大蔵政務次官の塚田十一郎でよかろうと各派の間に話合いがついた。

 さて8時半過ぎにベルが鳴って本会議場に入ろうとすると、社会党の場内交渉係の笹口晃が筆者に耳打ちして泉山が大トラになっているから本会議を開いたら大蔵大臣の出席を求めようと思うから悪しからずとのこと。

「大蔵大臣はどうした、泉山を出せ」

 さて本会議が開かれ、塚田が説明のため登壇すると同時にいきなり笹口が「大蔵大臣はどうした、泉山を出せ」とどなり始めた。そこへ運輸大臣として入閣したばかりの小沢佐重喜が大臣席から立って来て「大蔵大臣は実は酔払っているからなんとか穏便に済ませて、貰いたい。どうにか政務次官の塚田で勘弁して貰いたい」という。野党の方ではなかなかこれを聞こうとしない。

 そこで、笹口と筆者が「それなら今日はこれで解散しようじゃないか」といったが、そうすると解散が一日延びるというので小沢は傍の総理席の吉田の顔色を窺いつつどうしてもウンと言わぬ。山口始め自由党の連中はそれでもよかろうといった顔をしている。山口にしても、倉石にしても石田にしても前々の山崎猛事件などもあって党内では第二次吉田内閣には余りいい感じを持っていなかったからだ。小沢は、「では必ず大蔵大臣を出すから一寸休憩して呉れ」というので9時一寸前に休憩となった。

山は大臣室で大いびき 女性議員による「暴露演説」へ

 これが悪かったのである。あの時、アッサリ散会していれば、泉山事件は表沙汰にならず、翌日泉山が颯爽として泉山節よろしく、音吐朗々と提案理由の説明に立てばなんでもなかったろう。山下春江もあの暴露演説を翌日に持ち越しはしなかったはずである。ところが休憩したんで引込みがつかなくなった。

 泉山はその時大臣室で大いびき。厚相の林譲治、建設相の益谷秀次、農相の周東英雄等が泉山を抱きかかえるようにするけれどももう駄目である。この間野党の方では山下春江や社会党の松尾トシ等が実はかくかくの次第と党内でしゃべってしまったのでとうとう問題は表沙汰になってしまった。国会心理というやつである。

 そうして10時近く本会議再開、社会革新党の成重光真が議事進行で発言を求め「泉山蔵相は泥酔して不謹慎な態度をとったという。政府は事の真相を明かにせよ」とやったので万事休すである。本会議はまた休憩。

 この間泉山トラ大臣は大臣室から一度安本政府委員室に居を移し、それからGHQに行くと称して大蔵大臣官邸や渋谷の自宅を転々として廻り、10時半頃又国会に帰り、医務室で注射をしたり、又大臣室に戻ったり、そんなにウロツイたために新聞社のカメラ班には酔態を撮られるし、新聞記者には追い廻されるし、全く散々の態であった。

トラ大臣の寝姿を眺めながら「泉山をどうするか」

 そうこうする中に10時半近く本会議が再開されてもトラ大臣の酔がさめぬので、とうとう問題がのっぴきならなく追い詰められ、野党も深追いせざるを得なくなり、山下春江の勢の赴くところ遂にあの暴露演説をぶたざるを得なくなってしまった。そうして首相の吉田茂が出て「誠に遺憾である。調査して善処する」といったのであった。そうして泉山はこの本会議で懲罰委員会に附されてしまった。

 こうして本会議は12時間際に散会となり、それからが閣議。トラ大臣は寝たまま、この寝姿を眺めながらどうするかの評定。泉山はウツラウツラ我身の審判を聞いていたという。大臣辞任論が多数を制したが、吉田は何も言わずに帰って行った。

 泉山が正気に返ったのは午前1時半頃。林譲治と益谷秀次が閣議の模様を伝えて辞めた方がよかろうといった。林に言わせるとその時泉山は辞任を承諾したといっているが、御本人の泉山に言わせると俺は総理に直接会って決心をきめる、いらんことを言わんでくれといったと述べている。

「吉田という人間は人の腹切りばかり賞める癖がある」

 兎も角翌朝8時に吉田を訪ねて辞表を出すと吉田が「辞表など出す馬鹿があるか」といった。泉山はその時は思わず目頭が熱くなったと述懐している。そこへ心配した林と官房長官佐藤栄作が姿を現わすと、吉田が2人を顧みて「泉山君の後はどうしようかネ」といい、この一言でトラ大臣の辞任が決定し、商工大臣の大屋晋三が蔵相を兼任し、農相の周東英雄が安本長官を兼任することにきまった。

 あの事件の直後泉山は議員も辞任し、そうして24年正月の総選挙に再び立候補しようとしたが党の反対に会い、遂に立候補を断念しこの旨吉田に挨拶に行ったら吉田から「よく決心をされましたネ」と言われたというので泉山はその後で吉田という人間は人の腹切りばかり賞める癖があるといっている。又25年の参院選挙で吉田は泉山の公認候補に反対した経緯もあって、泉山は吉田に余りいい感じを残していないようである。

女性たちが暴露した「泉山事件」の全容

 そこで泉山事件の内容は何うかと言えば山下春江と松田トシの二人が翌14日の懲罰委員会で述べた証言に尽きるであろう。その時の速記録から。

山下春江議員「昨晩六時半頃と思いますが、私ども大蔵委員会の委員全体は泉山蔵相の招宴のため参議院食堂に参ったのであります。泉山蔵相が何でも二、三杯酒を飲まれたと思います。そこに給仕に参りました食堂の女中を、首のところを何か抱きかかえたようなかっこうをして――これは私の大変好き――といゝましたか、愛しておると言ったか、何んだかそういう婦人だから御紹介致しますと申しておりました。私は泉山蔵相に対して二回位杯の献酬をした記憶があります。その後泉山さんは席をたって自分で十四、五人位に杯を応酬しました。

 そして、私の隣席に座った泉山さんの態度は実に不都合でありました。そのうちに――泉山さんは、もうこんな所はつまらないからほかに行こう、こういって私の右腕をつかんで立たせようとしました。私が立たなかったために椅子が横になりまして、私を廊下に連れ出したのであります。それに反抗したのですが、かなり力のある人で廊下の曲ったところにまで来て、何をするんですかといったところが、やかましいことをいわないでもこゝには誰もいないよ、こういうことでした。私も側を見ましたところ、誰もいないことに初めて気がつきました。あちらこちら頭を振り廻している間に私の左アゴのところに今傷が残って居りますが、彼が多分皮膚が切れたのではないかと思う程非常にひどくかみつきましたので思わず私は右の手で彼をなぐりつけました。私は手の下をくゞってもとの参議院に帰って行きました。」

松尾トシ議員「衆議院の食堂から控室へ行こうと廊下へ出て参りますと向うから数人を連れて泉山蔵相が歩いていらっしゃいました。すれ違いざまというより直面したときは自然な形で右手をお出しになったのです。その時にいさゝか酔っておるということは認めました。普通の握手だったらすぐに放します。けれどもちょっとつかんで三十秒位ひっぱりました」

政争の攻防に利用されることになった二人

 泉山事件が起ったので野党はこれに便乗した形となった。ひょっとすると解散が不可能に陥って吉田内閣倒壊が可能になるかも知れぬと、あの時解散を喰えば分の悪かった野党はこの問題をひっとらえて、大いにこれを利用したことは確かである。

 この泉山事件を転機として給与ベースアップ政府案の5300円を人事院勧告通り6300円に釣上げようと社、民両野党は必死の追撃戦に移り、とうとう14日の解散はフイとなり、野党は猛烈に総司令部に動きかけ、とうとうその承認をとって6300円にあげてしまった。

 この修正で10日間を費し、最後は総司令部の圧力で遂に12月23日不信任案提出、解散となったのであった。泉山事件はたわいもないもので大臣、議員を辞めた泉山三六も、これを攻めたてて却ってあらぬ噂をたてられた山下春江もともに政争の攻防に利用され、踊らされたに過ぎない。

 先般山下が自由党に入党した時、同じ自由党の泉山とがあの事件以来始めて顔を合わせ、今度はどちらから手を出すともなく手を差伸べて握手を交わしたそうだが、この瞬間こそ両方がお気の毒だったと心でいい合った瞬間に違いない。この時国会で泉山が山下の手を握り乍ら「写真班は居らぬか」と呼んでみたが誰も見向きもしなかったと不平をたらしていたのは泉山らしい。

なんとかして吉田内閣をいためつけたい」

 泉山事件を頂点とするあの時の政局を辿って総司令部内の対立ははげしかった。第二次吉田内閣が出来た時、吉田はマッカーサーに会って早期解散の決意を述べてその賛成を得たのは事実である。だから吉田は遅くとも11月の末にはその時開いていた第三臨時国会を解散出来るものと思っていた。

 あの時の国会には芦田内閣からの懸案である国家公務員法改正案(争議禁止案)が、マ司令部の至上命令で出され、その蕃議が終ったら解散と誰でも考えていた。

 ところが11月12日突如として社会党委員長の片山哲と民主党総務会長の苫米地義三が民政局長のホイットニーから招ばれ、国家公務員法改正は是非国会を通すように、又国会の解散は憲法第7条により政府が勝手にやってはいけない、何處までも第69条により野党側提出の不信任案通過によって始めて可能である旨を指示した。

 元来あの時の民政局は社会党民主党びいきで、吉田自由党が大嫌いである。なんとかして吉田内閣をいためつけたいというのがその本心であった。

解散の出来ない吉田内閣は窮地に

 これに便乗したのが野党である。この民政局の指示は、野党にとって絶好の攻道具である。吉田内閣を解散不可能の鎖でつないで思うざまひっぱたけるからである。

 筆者がこの日司令部から国会に帰って来て、官房長官佐藤栄作と廊下で会ったので「オイ政府は大変なことになるぞ」と解散不可能の司令部の意向を話してやると、佐藤は「俺の方はマックと連絡して承認を得ているから大丈夫だ」という。「それは違うぞ」といっても信用しない。

 ところが翌日になってマックの方に連絡してみると憲法の解釈は民政局にまかせてあるからと打って変わった態度で一向にとり合わぬというので佐藤がすっかり腐ってしまっていた。「どうするか」と佐藤がいうから、「こっちは無解散だから政府を毎日攻めつけるんだ」といったら佐藤が「なんとかならんか」といって全く困っていた。内閣が出来たばかりで、解散の出来ないあの時の吉田内閣は誠にみじめであった。

 吉田は最初からマック幕僚の中で民政局が大嫌いで、経済科学局長のマーカットや、ウィロビー、ベーカー等の一流と連絡していた関係もあり、それだから民政局は吉田を目の敵にしていた。

GHQの勢力争いがそのまま日本の政争に発展していた

 吉田内閣は必死となってこれらの線を辿ってマックに解散が出来るように働きかけ始めた。これというのも総司令部内の勢力争い、分派争いが日本の政争にそのまま反映していた訳で、あの時の解散問題もそのとばっちりを受けたものであった。

 それから当時米国に帰っていた民政局国務員課長のフーバーが日本に帰って来て、国務員法改正の裏付けとして給与ベースの引上げを指示し、追加予算を出せと迫って来たので吉田内閣は解散どころでなくなり全く泣きっ面に蜂であった。ところがウィロビー一派の吉田支持の動きも活潑となりマックも板挟みとなって余程困り抜いた揚句一つの仲裁案を案出したのだ。仲裁案とは自分の部下の勢力争いの仲裁案であり、同時に日本の与野党政争の仲裁案ともなった訳だ。

 11月27日にホイットニー、ケーデス、ウイリアムスの民政局3人男が吉田を訪ね「給与のベースアップ予算を30日までに国会に提出すること。その代りこの審議は2週間とし、2週間目に野党は不信任案を出し、国会はその通過をまって解散してよろしい」との仲裁案を示した。

 一方片山、苫米地の野党々首も引続いてホイットニーに呼ばれ同じお達しを受けた。その2、3日前だった。

 筆者が民政局に出向いてウイリアムス国会課長と話していると彼が、「細川、君はプリ・エレクション・キャンペイン(事前運動)はもう済んだのか」というので「忙しくてなかなかやれない」と答えると彼はニヤニヤ笑っている。解散はさせないからウント政府をひっぱたけといっていた民政局とはまるで違った言葉だ、ハハア、これは情勢が変って来たナ、民政局もウイロビー派の力に押されて第7条の解散に屈しそうだナと直感したが、まさかあのような手の込んだ仲裁案が出て来るとは想像出来なかった。

 かくして前にいったように12月23日までズルズルに延びはしたがマックの仲裁案でともかくも司令部の分派争いも同時に日本の与野党の対立も終止符を打った訳である。

(細川 隆元/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

吉田茂氏 ©共同通信社