【この記事の動画を見る】

飼い主の中には、愛犬の被毛をカラフルに染めたりパンダのような模様にしてしまう人もいる。このほどロシアで保護された迷い犬は、タレントイモトアヤコさんも驚いてしまいそうなほど立派な眉毛を持っていた。しかしいたずら書きだと思われた眉毛は“本物”だったことが判明し、大きな話題になっている。『LADbible』『Mirror』などが伝えた。

ロシア連邦のイルクーツク州ブラーツクで気温がマイナス12度ほどの寒い日に、通りをさまよっていた雌の迷い犬が地元の人によって動物保護施設「the Dobriye Ruki animal shelter」に連れて来られて保護された。犬は目の上に人間の眉毛のような模様があったことから誰かにいたずら書きされたものと思い、保護団体のスタッフが綺麗に拭き取ろうとした。

ところがこの見事なまでに左右対称で綺麗な弓形をした眉毛は、誰かの手によって書かれたり染められたりしたものではなく本物の模様だったのだ。この犬を診た獣医からも「この眉毛は人工的に描かれたものではありません」とお墨付きがあったという。

これに同保護施設のオーナーであるオレシア・ノヴォポルシバさん(Olesya Novopoltseva)は驚いたそうで、「この施設で長いこと働いていますが、こんな眉毛のある犬は初めてです」と語っている。また獣医によるとこの犬は生後5か月ほどで、成長するにつれて眉毛の模様は薄くなっていく可能性があるが、消えることはないとのことだ。

同保護施設では里親を募るためSNSに犬の写真を投稿したところ、保護してから5日後には新しい家族が見つかった。犬は新しい飼い主のオクサナ・メイムシナさん(Oksana Maymsina)によって“ベティ”と名付けられた。オクサナさんはベティについて「SNSでベティを見たとき(捨てられたことに対して)思わず涙がでてしまいました。それでうちの子になるべきだと思ったんです」と明かしている。

その後、オクサナさんはInstagramにベティの写真を投稿した。すると人々の目にとまりロシアテレビ番組でも紹介されるほど人気を集めているようだ。現在、オクサナさん宅で暮らすベティは17歳の先住猫とも仲良く遊び、幸せに暮らしているという。

画像は『LADbible 2019年11月15日付「Dog With Human-Like Eyebrows Becomes Viral Hit」(Credit: CEN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト