【元記事をコミックナタリーで読む】

アニメ機動警察パトレイバー」よりイングラム1号機のフル可動フィギュアが、2020年6月に発売される。

【大きな画像をもっと見る】

フィギュアメーカーthreezero(スリーゼロ)の新たなロボットフィギュアシリーズ「ロボ道」の第1弾として登場した本アイテムは、50カ所近い可動ポイントを実現した1/35スケールフィギュア。肘、手首、腰、膝のカバーに布を使用しイングラムシルエットが再現された。襟の両脇のパトランプカバーや、右ふくらはぎサイドカバーが開閉でき、右ふくらはぎの中にはハンドリボルバーカノンを収納可能。また右手首の伸縮ギミックにより、収納状態のハンドリボルバーカノンに手を伸ばすギミックも再現できる。

さらにコクピットカバーは開閉可能で、中のコクピットシートにはパイロットフィギュアを搭乗させることも。そのほか装備としてハンドリボルバーカノンスタンスティック、ライアットガン、左前腕部用シールドが付属。加えて交換式のパーツとして、フェイスガードが上がった状態の顔パーツと、ポーズの異なる各種手首パーツ、「ロボ道」共通のアクションスタンドも用意された。

価格は税込1万8700円。通販サイトGOODSMILE ONLINE SHOPでは2020年1月15日21時まで予約を受け付けている。

(c)HEADGEAR

「ロボ道 イングラム1号機」