11月17日、東京のTOHOシネマズ日比谷にて映画『ひとよ』ティーチイン・イベントが行われ、メガホンをとった白石和彌監督が登壇。主演の佐藤健も飛び入りで登場した。

『ひとよ』は、『凶悪』『孤狼の血』などで知られる白石和彌監督の最新作。劇作家・桑原裕子氏主宰の劇団KAKUTAによる同名舞台を原作とした作品だ。ある惨劇をきっかけに崩壊した一家・稲村家の母親と三兄妹が、15年後に再会して絆を取り戻そうとする姿を描く。主演としてフリーライターの次男・雄二を演じるのは、佐藤健。電気屋勤務の長男・大樹を鈴木亮平が、妹・園子を松岡茉優が、母・こはるを田中裕子がそれぞれ演じている。

 


観客との質疑応答をひとつ終えた白石監督は、おもむろに「誰か来られないか?とTwitterでつぶやいたら、音尾琢真君がすぐに『行けない』と返答してきた」とジョークで笑わせる一幕が。そして、呼び込んだのは稲村家の次男・雄二を演じた佐藤だった。粋なサプライズに観客は大興奮で、Q&Aも熱を帯びたものとなった。

カットされて残念だったシーン”が話題にのぼると、佐藤は「カットされることに関して僕は前向き。残念には思わない。良くなかったからカットされたわけで、カットされてありがとうぐらいに思う役者です」と自身の見解を明かす。白石監督は、長男・大樹と別居中の妻役・MEGUMIとの口論シーンカットにふれ、「いいシーンだったけれど、それがあると長男のシーンが続きすぎて、長男の映画になり過ぎると思った」と打ち明けていた。

また、ラストシーンの秘話を求められると、佐藤は「監督が急にバナナを持ってきて驚いた」とコメント。これに白石監督は「筑前煮も撮影場所のタクシー会社の方々が出してくれたもので、とても美味しくて。それもその場の判断で雄二に持って行かせようと思った。田舎って何かをお土産に持って行かせようとすることってありますよね」と現場での臨機応変な演出を明かした。さらに、佐藤は「もらったバナナを持って写真に写ろうとか、(稲村家の長女・園子役の)松岡茉優さんがはじけたバージョンとか、数パターンを撮影したけれど、使用されたのは全員が真面目な顔の写真でした」と舞台裏を紹介。

2テイク撮影したラストの車中のシーンについて、白石監督は「使用したのはファーストテイク。健君の目に涙が溜まっている感じがよかった」と採用理由を明かし、「実はそのシーンでは、僕が健君の横でヤドカリみたいに小さく丸まって隠れていました。現場は結構グチャグチャでしたよね」と意外な撮影秘話を明かしていた。

好きなシーンについて聞かれた白石監督は、役者陣との絡みのシーンではなく「太陽」と返答。「急に撮りたいと思って。映画『太陽を盗んだ男』みたいなものを撮りに行こうと意気込んだら、一発で撮れた。日の出って実は撮るのが難しい。だからなんでこんなところで俺は運を使ってしまうのか……と思った」と、思い入れを語っていた。

タッグとなった本作を通して白石監督に全幅の信頼を寄せている佐藤は、次なるタッグに向けて「色々なアイデアがあります。一つには絞れない」とかなり前向きに語り、「いつか時代劇をやりたいと白石監督は現場でおしゃっていましたよね?」と確認も。白石監督は「まだ一度も時代劇はやったことがないので。アクションものの時代劇もいいかも」と意欲を見せていた。

『ひとよ』は公開中。