(篠原 信:農業研究者)

JBpressですべての写真や図表を見る

「郷に入っては郷に従え」

 新規就農したり、田舎暮らしを始めようとする人が最初に思い浮かべ、行動指針にしようとする代表的な言葉ではないだろうか。言葉には不思議な呪縛力があって、前もってこういうことわざがあると、マニュアルテキストのように感じて、なるべくその通りに行動しようとする。

 その土地に根を下ろそう、その土地の人間になりきろうとして、「郷に従う」を徹底したのに、いつまでたってもよそ者扱いが終わらず、しまいに疲れてしまい、その土地になじむ努力さえ放棄してしまう事例は、少なくないようだ。「よそ者のクセにえらそうに」と言われて面白くなく、地元の人は「因習に縛られているだけなのにえらそうに」と思われて面白くなく。関係がこじれることも多いようだ。

「郷に入っては郷に従え」ということわざは、そろそろバージョンアップした方がよいのではないだろうか。筆者が考える、より適切な表現は「郷に従う」のではなく、「郷に敬意を抱き、郷を面白がり、郷に感謝する」だ。そして、「よそ者」であるという立ち位置のままでいることだ。

「よそ者」でなくなるのは三代目から

 田舎ではなく京都の話だが、京都人として認められるには三代かかると言われている。一代目は京文化で育っていないので、死ぬまでよそ者。二代目は、子どもの頃に京文化に触れているが、親が異文化を持っているからまだまだ。三代目になってようやく、親も京文化になじみ、生まれながらに京文化の中で育っているので、京都生まれの京都育ちとして認められるのだという。

 これは恐らく、京都に限ったことではない。よそ者の流入が比較的少なく、先祖代々その土地で住み続けた人が中心の町村なら、人間心理として同じことが言えるだろう。移住したばかりの一代目は、その土地の人間になりきれず、ずっと「よそ者」だと自覚を持っておいた方がよいように思う。

 では、よそ者がよそ者として、その土地で生きていくにはどうしたらよいのだろうか。そのヒントも、京都で探ってみよう。

知ったかぶりは嫌われる

 学生時代に、先斗町の小料理屋で食事をさせてもらう機会があった。カウンター席しかないそのお店には、二人分の空席があった。

 そこに、豪快な笑い声が聞こえてきた。京都のことなら何でも聞いてくれ、俺は京都のことなら何でも知っているぞ、というような話し声を轟かせながら、「おお、この店にしよう」という声と同時に入ってきた男性二人は、いかにも「俺はカネを持っている」オーラを出していた。そして空いている席に座ろうとしたところ、店の主人が「すみません、予約が入っておりまして」と言って、丁重にお断りした。

 いつ来るのかな、予約のお客さん。空席のままなので不思議だな、と思っていたら、恐る恐る扉を開けた、中年女性が二人。

「旅行で京都に来ていて、お料理を勉強させていただけたらうれしいんですけど・・・」と腰低く。すると店のご主人、「どうぞ」と言って、予約があるはずの席に導いたのでビックリ

 入店した女性二人、出てくる料理の盛り付けの美しさ、おいしさを一つひとつ賛嘆し、店のご主人に「これはどういうものなのですか?」と尋ね、「はー、なるほど~」と感心していた。ご主人は料理一つひとつを解説し、京文化とどういう関わりがあり、どんな歴史があり、どこの産物でどんな季節が旬なのか、ということをうれしそうに語っていた。女性二人は、京文化に敬意を抱き、料理の一つひとつを面白がり、いろいろ教えてもらえたことに感謝していた。

 あとで、同行していた人に教えていただいた。「京都ではね、京都のことを知ったかぶりすると嫌われるよ。さっきの女性たちのように、あくまで京都のことを勉強したい、勉強させてほしいという謙虚な姿勢だと、京都の人は親切にしてくれるよ」。なるほどなあ、と私は感心した。

特別優秀ではなかった劉備が孔明や張飛らを従えられた理由

 このことは、田舎暮らしにも通じるように思う。その土地で長らく行われてきた風習には、それなりの歴史的経緯を踏まえた理由がある。それに対し、敬意を抱くことが大切だ。

 そして、地元の人にはできない、よそ者だからこそできる反応がある。「面白がる」ことだ。地元の人には当たり前、だけれど、よそ者である自分には見るもの聞くもの、新しい発見で満ち溢れている。「これ、どうやっているんですか?」「わ、おいしいですね、これ!」。そうやって面白がっていると、「あんたんとこ、白菜あるか? もってくか?」「芋がようさん採れてな、あんた、ちょっと持って帰り」と言ってくれたりする。

 そうした好意に「感謝」すると、地元の人は、あなたがよそ者のままでも、愛してくれるようになる。何くれとなく世話を焼いてくれ、だから自然に感謝の念が湧き、敬意も抱き、その土地の面白さにもどんどん気がつき、さらに感謝が強まる、という好循環が生まれる。

 あなたがよそ者として、「郷に敬意を抱き、郷を面白がり、郷に感謝する」ようになると、面白いことに、あなたは有能で有意な「よそ者」として大切にされるようになるかもしれない。人間は、自分に敬意を抱いてくれ、面白がってくれ、感謝してくれる人の長所を見つけたくなるからだ。

 三国志に登場する劉備は、賢いわけでも武芸に優れているわけでもない。なのに、世界史上指折りといわれる知者・諸葛孔明を従え、当時、天下に並ぶものなしと言われた張飛、関羽、趙雲といった豪傑たちを従えていた。知力において、劉備は孔明にまったく歯が立たない。武力において、劉備は張飛、関羽、趙雲と比べたら、ひとなでで吹っ飛ばされてしまうだろう。なのに劉備は、それら知恵者や豪傑たちにかしずかれ、尊敬された。なぜか。

 劉備は、そうした家臣たちに敬意を抱き、面白がり、感謝していたからだ。彼らの主人ではあったが、敬意、興味、感謝を終生失うことはなかった。すると、不思議なことに、劉備は敬われた。

 人間は、自分に敬意を抱き、面白がり、感謝してくれる存在を、高く評価したくなる性質があるらしい。「自分のことをこんなに認めてくれる人が、普通の人であるはずがない、いや、何か特別なものがあるに違いない」と考えたくなるようだ。孔明や張飛、関羽、趙雲らは、劉備を敬う。すると、敬った人間から敬意と興味と感謝が帰ってくる。それがうれしくて、さらに敬意を深める。敬意と興味と感謝のキャッチボールが行われるようになり、互いに高めあう好循環が生まれるようだ。

こちらが笑顔を向ければ相手も笑顔に

「郷に従う」は、ちょっと卑屈なところがある。ひたすら従うのでは、人間は一方でマウンティング(自分の方が上だと誇示すること)したくなる生き物なので、その本能を誘発してしまうところがある。「屈従する」と「敬意を抱く」は似ているようで、引き出す反応が全然違ってくる。

「屈従」は、最初から頭を下げているだけで、相手を見ていない。相手からすれば、ただ頭を下げられるだけだと、自分を見ていないのが分かるし、本心ではどう思っているのか推し量れず、不安になる。不安になると、立場を決定づけるために、マウンティングしたくなる。そして、上下関係を確定しようとする。

「敬意を抱く」場合は、きちんと相手を見ている。キラキラした目で。それだけで、自分をどう見ているのかが分かるから安心でき、こちらとしても敬意が自然に湧いてくる。好循環だ。

 心理学では「ミラー効果」というのが知られているらしい。こちらが笑顔でいると、向こうも笑顔で返してくれる。こちらが渋い顔をしていると、向こうもいやな顔をしてくる。人間は、自分に向けられる表情がどうかで、こちらの表情や心理にも影響を受けるものらしい。

「おれがこの土地の因習を打破し、新しい風を吹き込んでやろう」という不遜な態度でいると、上から目線をすぐ見透かされ、土地の人たちから警戒されて当然だ。いくらあなたが、その土地に住むまでにすごい経歴と技術を積み上げてきたのだとしても、それを理由に見下される側は、「知ったこっちゃない、ただ不愉快だ」と反応して当然だ。

 しかしもし、あなたがその土地と人に敬意を抱き、面白がり、感謝したとしたら、土地の人はあなたに興味を持ち、「いったいどういう人だろう?」と関心を持つだろう。そして自分たちにない特徴を面白がり、敬意を抱き、土地のために生かしてほしいと願い、実際に役立てたとしたら、感謝される。

 敬意、関心(面白がる)、感謝。この三つを心がければ、ミラー効果で、よそ者のあなたも、よそ者ながらに敬意と関心と感謝が帰ってくる。やがてあなたはその土地になくてはならない「よそ者」となり、不可欠な要素となっていく。

 ほんのちょっとしたこと。ほんのちょっとしたことなのかもしれないが、「郷に従う」を「郷に敬意を抱き、郷を面白がり、郷に感謝する」に変えてみよう。起きてくることは、ずいぶん違ってくるのではないかと思う。試してみていただきたい。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  子どもの学ぶ力の源泉「センス・オブ・ワンダー」

[関連記事]

イノベーションを殺す日本にはびこる「対案病」

外資の首切りを羨む社長が決定的に見落としている事

*写真はイメージです