合成麻薬・MDMAを持っていたとして逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者が、警視庁の取り調べに対し「以前からMDMAを使用していた。他の違法薬物も使ったことがある」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

 警視庁11月16日の朝、東京都渋谷区クラブから帰ってきた沢尻容疑者の自宅を捜索し、部屋にあったアクセサリーケースから小さなポリ袋に入ったカプセル2錠を見つけました。このうちの1錠を調べたところ、合成麻薬MDMAと特定されたということです。
 調べに対し容疑を認めていて、「以前からMDMAを使用していた。他の違法薬物も使っことがある」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
 警視庁は沢尻容疑者が以前から自宅で違法薬物を保管し、継続的に使用していた可能性があるとみて詳しく調べる方針で、自宅から押収したもう1錠のカプセルと尿の鑑定を進めています。

沢尻エリカ容疑者 「以前からMDMA使用 他の薬物も・・・」