タレント木下優樹菜さんが11月18日、所属事務所を通じて当面の間芸能活動を自粛することを発表しました。

【画像】Instagram最後の投稿

 所属事務所プラチナプロダクションは同日19時サイト上に「弊社所属タレント 木下優樹菜に関するご報告」を掲出。所属事務所として今回の一件を謝罪した後、「所属プロダクションとしての社会的責任を真摯に受け止め」「木下優樹菜本人とも協議を重ねた結果」、当面の芸能活動自粛を決定したと報告しています。

 その上で、木下さんコメントも添えており、“自らの言動を深く反省”した結果の判断だと説明。「相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたい」とつづっています。

 この出来事は、木下さんの実姉が勤務していたタピオカリンク店の経営者に、木下さんが「これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ」などどう喝めいたDMを送付したとされるもの。ネットでは木下さんに対する批判の声が噴出し、木下さん10月9日に「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪したのを最後にInstagramの更新を停止しています。

 それから約1カ月たっての活動自粛の発表となりましたが、上述の報告で所属事務所は発表がこの時期になった理由について「本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果」とのみ説明しています。

木下優樹菜さんコメント全文

この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。

自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。

改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。

誠に申し訳ございませんでした。 木下優樹菜

所属事務所が木下さんの当面芸能活動自粛を発表(画像はプラチナムプロダクションWebサイトから)