夫婦喧嘩Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

何十回も性的な関係を持った相手がHIV陽性だと気付いたら…。信じがたい事実を知った女性は非常にうろたえたというが、男はこれが犯罪行為であると知った上で「HIV陽性を伏せていた」とのこと。過去に何人もの女性が同様の被害を受けていたことも明らかになった。

■駆けつけた警官隊

テネシー州南東部で暮らすある男が恋人と激しい口論になり、騒ぎをききつけた警官隊がふたりの暮らす家に急行した。

女性は警官らに対し「口論になるなり出て行った彼が、今朝シャワーを浴びるため帰宅したのです」「彼ともめたのは、彼がHIV陽性だと知ったからです」などと話し、男の健康状態に関する驚くべき事実を知ったのは11月13日だったとも明かした。

関連記事:HIV陽性を隠して… 次々と女性と関係を持った男に実刑判決

■38回も性交したカップル

男の恋人が明かした内容をまとめると、交際を始めたふたりは8月16日に男女の仲に。その後たびたび性交する仲になり、計38回もセックスしたという。

しかし今になって男がHIV陽性であることを知った女性は激怒し、警官に対し「私は何も知りませんでした」「この人は銃器も所持しているんです」などと告白。その後すぐに始まった取り調べを経て、男に関する良からぬ情報がいくつも公表された。

■常習犯だった男

HIV陽性を明かしては女性と肉体関係になれないと思ったらしく、男は過去に何人もの女性と親しくなるも「HIV陽性を伏せて関係を持った」とのこと。しかしそれでも事実を知られたといい、男はそれを理由に逮捕されるたびに「確かに嘘をつきました」と有罪を認めていたという。

このほど被害を訴えた女性とは数ヶ月ものあいだ交際した男だが、これまでふたりが性交の際に避妊具を用いていたのか、またなぜ女性が男の秘密につき知ったのかなど、詳しい経緯はまだ明かされていない。

■男の逮捕

HIVを伏せて女性達と性的関係になっていたとされる男だが、容疑はそれだけにはとどまらなかった。男は運転免許を取り消されていたにもかかわらず堂々と運転していたほか、不法に銃器を所持していたことも判明。しかもその銃器は窃盗で手に入れた物であることも明らかになったのだ。

自分の健康を守るために、そして愛する人を守るために、男女の仲になる前にHIV検査をカップルで受ける人も増えているというが、「自分には関係ない話」と思っている人は、残念ながら今も多いようだ

。何も知らず男を信じていた女性の怒りと不安感は、たとえHIV検査の結果が陰性であったとしても、しばらくは払しょくできないだろう。

・合わせて読みたい→「娘婿の行動が怪しい!」 ネットを駆使し性犯罪をあばいた義母

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

女性が震撼 恋人のHIV陽性を知ったのは「肉体関係になった3ヶ月後」